Xiaomiから新スマートウォッチ『Mi Watch Revolve』が発表!【常時点灯対応・GPS搭載】

9月29日に開催された#SmarterLiving2021で、Xiaomiから新スマートウォッチ「Mi Watch Revolve」が発表されました。

価格は約1.5万円からで、常時点灯に対応した円形の有機ELディスプレイを搭載しています。



まるで本物のアナログウォッチ!?常時点灯対応のMi Revolve


Mi Watch Revolveは常時点灯に対応した、1.39インチのAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。

ディスプレイを覆うガラスには頑丈な「Corning Gorilla Glass 3」を採用。46mmの筐体はステンレス鋼で出来ており、多少の事では傷つきません。5ATM防水も備えています。

機能は音楽コントロールや10のスポーツモードなど、基本的なものはほぼ全てそろっています。センサーはGPS、心拍計測、VO2、ストレス計測などが備えられています。

さらに専用アプリ「Xiaomi Wear」と連携することにより細かな設定が可能で、アプリはAndroidとiOSの両方に用意されています。

バッテリー持ちも良好です。7日間の連続使用が可能で、待受待機時間は最大で14日間とのこと。

デザインが格好いい!カラーは2色、多数の専用バンドも



Mi Watch Revolveは円形ディスプレイで、常時点灯にも対応しているため、使用感も見た目も本物のアナログウォッチのよう。仕事中でも使えそうなデザインです。

カラーはミッドナイトブラックとクロームシルバーの2色が登場。ステンレス製のボディは高級感があります。

さらにバンドも多数登場。革製のバンドを装着すると、さらに本物っぽくなりますね。

価格は約1.5万円から!グローバル展開は今後の見通し


価格は約1.5万円から。これだけ高級感のある多機能なスマートウォッチとしては、かなり安めなのではないでしょうか。

今回の発表はインド向けに行われたため、グローバル展開は未定です。が、中国外に向けたMi Watchシリーズの展開のため、グローバルリリースも近々行われそうです。

筆者としては常時オンのディスプレイが気になりますね!それでいてバッテリーが一週間持ってくれるのも嬉しいポイントです。

ちなみにXiaomiのスマートウォッチのブランド「Amazfit」からは他にも多数スマートウォッチが発売されています。気になる方は比較してみて下さい!

<関連記事>
超スタイリッシュなスマートウォッチ『Amazfit GTR 2』『GTS 2』が発表【約1.5万円から】
【進化版Mi Band 5】Amazfit Band 5が発表、Alexa対応で4千円台!【SpO2センサー搭載】

画像はXiaomi(インド)

この記事のカテゴリー:テクノロジー,ガジェット

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!