十文字雷葉、梃子場亜流太、物乃具姫の評価をモンスト攻略班が徹底解説! ユーザーの評価&反応も!

モンスト(モンスターストライク)のイベント「黄昏の閃巧廃鬼団」でガチャに登場した、「十文字雷葉(じゅうもんじらいば)」「物乃具姫(もののぐひめ)」「梃子場亜流太(てこばあるた)」の評価をご紹介します。
AppBank攻略班による独自の評価点数や、ステータスおよび使い道を記載しています。育成の参考にしてみてください。

「黄昏の閃巧廃鬼団」ガチャキャラ評価まとめ

モンスト黄昏の閃巧廃鬼団十文字雷葉、梃子場亜流太、物乃具姫評価とみんなの反応まとめ


評価担当
アルト
モンスト攻略ライターアルト
「高難易度クエストで活躍できるかどうか」を重点的にチェックするタイプ。
汎用性が低くても、特定のクエストで大暴れするキャラに高い点数を付けることが多い。
また「派手で強力な友情コンボ」が好きで、とくに“ウォールボム”が最近のお気に入り。
ブラボー成田
汎用性、もしくは特定のクエスト特化キャラどちらかに振り切ってるキャラを評価するタイプ。
好きな撃種は貫通タイプ。

十文字雷葉のステータス

獣神化:閃巧廃鬼団の新米 十文字雷葉

十文字雷葉ステータス



▼副友情コンボはこちら

十文字雷葉副友情


SS段階 SSの自強化倍率と、弱点露出ターン数
1段階目(16ターン) 自強化:1.0倍
ターン数:二手先の味方が攻撃し終わるまで継続
2段階目(24ターン) 自強化:1.0倍
ターン数:一周後に自身が攻撃し終わるまで継続

マーリン(獣神化・改)諸葛亮(獣神化)などと同じSS仕様。
※SS倍率はAppBank攻略班の検証に基づいた結果です。

十文字雷葉のおすすめ「わくわくの実」

※おすすめ順に記載しています。

  1. 加撃系全般→幻妖キラーMが乗る殴り火力をアップ
  2. 速必殺の力→SSターン短縮とあわせて、弱点露出SSの2段階目をより早いターンで使えるようにする
  3. 熱き友撃の力→砲撃型で高火力の友情コンボをさらに強化

十文字雷葉の評価点数(10点満点)

アルト:【9.0点】

十文字雷葉は轟絶クエストの「レクイエム」に刺さる能力を持つキャラ。
自身がボスへのアタッカーとして活躍するだけではなく、「弱点露出SS」で味方の火力底上げにも貢献する性能です。

とくに、先日獣神化が実装された「ウルズ」とは相性バッチリ。
弱点を露出してから、ウルズの高倍率SSで往復するコンボが決まれば、ボスを瞬殺することも可能なレベルです。
急にレクイエムの適正キャラが立て続けに出たことから、今のうちに運極を作っておいたほうが良いよという、運営からの意思を感じるような。(気のせいかもしれませんが……)

また砲撃型としては初の「スナイプバレット」を持ち、さらに友情コンボクリティカル付き。
普段使いとしても悪くない威力ですが、やはり適正クエストのことを考えると友撃よりも、「加撃系」や「速必殺」などの実を優先したほうが能力を活かせるでしょう。

ブラボー成田:【8.5点】

基本5.0点に【プラス点】と【マイナス点】を加味して得点を出します。

【プラス点】

・威力の高い友情【+0.5点】
・弱点露出SS【+0.5点】
・2つのギミックに対応【+1.0点】
・使う場所が明確【+1.5点】

【マイナス点】

なし

【コメント】

トータルで8.5点です

1番のウリは【轟絶】レクイエムの適正ということ。
素アビに「幻妖キラーM」を持つので、レクイエムでは友情コンボでゴリゴリとボスのHPを削ることも可能。

レクイエムではボスの弱点運をクリアに大きく関わるため、弱点露出を持っているのも高評価です。

普段使いでは、友情の火力にムラがあったり、競合キャラに「風神雷神」など強力なキャラがいるため、
まずまずといった評価

現環境では「轟絶で強いキャラ」といった印象ですが、
通常降臨キャラでも「幻妖族」は登場するため、今後の活躍に期待です。

十文字雷葉に対するみんなの反応&評価(5点満点)

※実装前から反応と評価を募集

みんなの反応 点数
轟絶キラー久々だね 5点
かわいい 5点
レクイエムやるにあたって必須な気がしますね 5点
戦力として欲しいですね! 5点
欲しい! 5点
砲撃型とはいえレクイエム以外じゃあ強くなさそう。しかしレクイエムではかなり強そう。反射はスサノオがいるからどうなるかが気になる。イラストはかなり好き。 4点
どこかで使えそう 4点
普通に使い易い 4点
使ってみないと強さがイマイチわからない
弱点露出はいい。4点
4点
レクイエムキラー 4点
アビリティはもう少し増やしても良かった 3点
普通 3点
少し強そう 3点

みんなの平均点(5点満点):4点

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!