新型『iPhone 13』は画面内TouchID搭載&完全ポートレス化という設定の仮想CG→Apple公式と間違えそう

画面内TouchID搭載、ポートレスという設定の『iPhone 13』の予測CGが海外YouTubeチャンネル、ConseptsiPhoneで公開されています。

Source:ConceptsiPhone,MacRumors
*カテゴリー:テクノロジー technology

『iPhone 13』の仮想CG



こちらが『iPhone 13』の予測CG。様々なカラーのバリエーションも登場しています。


カメラはリーク通り斜め配置に。全体的なデザインは『iPhone 12』とほぼかわりません。


ノッチは小型化。ここもリーク通りで、スピーカー部分が上に寄せられています。


この『iPhone 13』の予測CGでは、画面内のTouch IDも搭載している、という設定。しかし今のところは、今年は画面内Touch IDは採用されないという説が有力です。


ディスプレイは120HzリフレッシュレートのPro Motionに対応。ただし噂では、Proモデルのみ対応のもようです。


ポートも廃止されているという設定ですが、今年のモデルは従来どおりLightningポートが搭載されるといわれています。


こちらは『iPhone 13』のクラシックなホワイトの予測CG。


こちらはグリーン。


プロダクトレッドのバージョンも登場しています。個人的にも赤はお気に入り。


その他、パープルとイエローの予測CG。淡いカラーリングがおしゃれですね。


全カラー集結。実際にこの中の何色採用されるのか気になります。


『iPhone 13』の発表は9月になる見込み。もう来月なんですね!今年も『iPhone』シリーズの進化が楽しみです!

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!