『iPhone 14』は省電力性能が大きく向上するかも!A16やM2Xで3nmプロセス技術を採用とリーク

2022年に発売される『iPhone』および『Mac』シリーズなどに、3nmプロセスで設計されたチップセットが搭載されることがリークされています。

Source:MacRumors
*カテゴリー:テクノロジー technology

Appleは2022年の『iPhone』や『Mac』で3nmプロセスへ移行か


今回MacRumorsが引用した台湾DigiTimesの調査によると、「TSMC(台湾の半導体ファウンドリ)は2022年後半に3nmプロセス技術をAppleのデバイス向けに量産に移すことを目指している」とのこと。

かなり簡単に説明すると、プロセスとはチップセットの設計の細かさを示します。一般的には、プロセスは細かいほど消費電力が小さくなり、性能も向上させやすくなると考えられています。

※画像はAntonioDeRosa氏によるiPhone M1コンセプト

Appleの『iPhone』向けプロセッサAシリーズでは、『iPhone 12』で初めて5nmプロセスを採用した“A14 Bionic”を搭載しました。また、現在『iPad Pro』や多くの『Mac』シリーズに採用されている“M1”も5nmプロセスを採用しています。

DigiTimesの報告が指す、3nmプロセス技術を採用するAppleデバイスとそのプロセッサは、来年発表が見込まれている『iPhone 14(仮)』の“A16”や『Mac Pro』向けの“M2X”などを指していると考えられます。

※画像はAntonioDeRosa氏によるMac Proコンセプト

Appleが5nmプロセス技術の採用を発表したことは記憶に新しいですが、それからわずか2年で3nmプロセスへ移行というのは非常に早いペースです。Appleは最近ではプロセッサの省電力性能のアピールが多く見られることから、その強化という意図もあるのかもしれません。

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!