Apple Carは「ハンドルがない」秘密プロジェクト「タイタン」の真の目的

Appleが自動車業界に参入を目論み、同社製の車の開発も始まっていると噂されています。このApple Carがどのようなものなのか、その姿が少しずつ見え始めました。


*Category:テクノロジー technology|*Source:Cult Of Mac ,Tech Blood

Apple Carは「ハンドルもペダルもない」


Appleは現在、完全に自律的に走行できる自動車の実現に取り組んでいると噂されています。海外メディア『Cult Of Mac』が、経済紙記者のマーク・ガーマン氏の報告を引用し、開発が進むApple Carの姿について報告しています。

ガーマン氏によると、Appleのテクノロジー担当副社長であるケビン・リンチ氏は、2021年7月に同社の秘密自動車プロジェクト「タイタン」の責任者に就任したそうです。そして彼は、Apple Carを完全に自力で運転できる車にすることを決めたのだそう。

Tech BloodによるApple Carの予測CG映像

これまで、アップルは2つの可能性を検討していたと報じられています。ひとつは完全な自律走行車、または現在の一部の自動車のような、限定された自動運転機能を持つ車です。

この中でリンチ氏は、ハンドルやペダルすら不要な、完全に自立走行可能な車を作りたいと考えているようです。『Cult Of Mac』は「このApple Carにドライバーは不要で、乗客はお互いに向き合って話したり、iPhoneやiPadをいじったりすることすらできる」と予測しています。

Appleは自律走行車の内装を、Canooの『ライフスタイル・ビークル』のようにするかもしれない

ガーマン氏は「この車は、Appleの既存のサービスやデバイスと密接に統合されるだろう」と述べていたそうです。Appleのプロジェクト「タイタン」の真の目的は、ただの自動車を作ることではなく、人の移動そのものを同社のサービスに組み込むことなのかもしれません。

さらにガーマン氏は、運転を制御するための新たなAppleシリコンの開発が順調に進んでいることも明らかにしています。この新しいプロセッサを搭載したApple Carの走行テストは、間もなく開始される可能性があるとのことです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!