Apple CEO「次の大きなものを開発している」ティム・クックが示唆する極秘計画

» Amazonブラックフライデー:26日(金)開幕の前にやるべきこと3選。かならずやるべきはポイントアップと○○○!




Appleのティム・クックCEOが、ロサンゼルスのテレビ局『KTLA』のインタビューに答え、その中でAppleが現在開発に注力しているものについて語りました。




*Category:テクノロジー technology|*Source:Rich DeMuro(KTLA) ,9to5Mac ,BloomBerg

ティム・クックCEO語る、Appleが注力する未来の技術

『KTLA』のリッチ・デムーロ氏によるクックCEOのインタビューは、ロサンゼルスに新しくオープンしたAppleストア“Apple The Grove”の前で行われました。ストアについてクックCEOは「人々が店内を見て回り、テクノロジーを探求し、製品が自分に何をもたらすのかを知るための場所」であると説明しています。

また、クックCEOは、iPhoneユーザーがDIYで修理できるように、修理部品やマニュアルを提供するというAppleの最近の決定についても触れています。


クックCEO:私たちは、このようなこと(修理)をしたい人たちや、このための技術を身に着けた人たちがいることに気づきました。(中略)不安な方は、ぜひAppleストアに来ていただいて、修理を受けてください。多くの方にとって、それがベストな方法だと思います。

そしてクックCEOはインタビューで、Appleの今後の展望についても語りました。

クックCEO:拡張現実(AR)、人工知能(AI)、自律性(オートノミー)、これらのコアテクノロジーに非常に注力しており、さまざまな方法で活用していきます。

またクック氏は、「Appleは“次の大きなもの”となるものを持っているのか」との質問に同意し、Appleが新たな製品を準備していることを示唆しました。

クックCEOが語った内容には、Appleが秘密裏に開発している今後の製品のヒントが隠されています。例えばAppleはARグラスを開発中で、MR(複合現実)ゴーグルがまもなく登場すると噂されています。


また、クックCEOの語った人工知能(AI)と自律性(オートノミー)は、Appleが現在開発に注力しているとされる、完全自動運転車にも深く関わるテクノロジーです。米『Bloomberg』の最近の報道によれば、この“Apple Car”は2025年にリリースが計画されているとのことです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!