Appleを襲う「クリスマス前の悪夢」iPhoneやiPadが直面する深刻な課題

Appleにとっても重要な年末商戦の中、同社が「クリスマス前の悪夢」に直面していると海外経済紙『Nikkei Asia』が報じています。


*Category:テクノロジー technology|*Source:NIKKEI ASIA ,9to5Mac

Appleが直面する「クリスマス前の悪夢」


この“悪夢”は、Apple製品全般の生産不足を指しています。AppleはiPhoneとiPadの不足を解消するためサプライヤーへの圧力を強めているようですが、未だ回復の兆しはないようです。

『Nikkei Asia』によると、Appleは10月にiPhoneとiPadの組み立てを数日間停止しており、これは10年以上なかった事態とのこと。関係者によると、中国におけるサプライチェーンの制約と電力使用の制限が原因だったようです。

さらに、この繁忙期では通常、作業員は休日に交代で働いたりするとのことですが、今回はそのようなことがなかったそう。そもそも部品の不足が原因で生産が難しくなっており、労働力で解決できる問題ではないようです。

テック系メディア『9to5Mac』が引用した同報道によると、Appleは9月と10月に『iPhone 13』の生産目標を約20%下回ったとのこと。さらに、Appleは『iPhone 13』の総生産目標を当初の9,500万台から8,300〜8,500万台に縮小せざるを得なくなったと報じられています。


品不足の影響は『iPhone 13』ラインナップだけではありません。レポートでは、旧世代のiPhoneの生産予測台数も、ここ数カ月で約25%低下したと説明されています。そのため、Appleが今年中に合計2億3,000万台のiPhoneを製造するという目標についても、約1,500万台分が未達となるそうです。

半導体不足から始まるサプライチェーンの混乱には、多くのメーカーが悩まされています。巨大企業であるAppleですら安定した供給を図れないというのは、世界的に見てもかなり深刻な事態であることは間違いありません。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!