iPhone 14 Proは「ノッチが廃止される説」の根拠

2022年に登場が見込まれているiPhone 14 Proについて、ノッチが廃止されるというリークが再び登場しています。


*Category:テクノロジー technology|*Source:9to5Mac ,The Elec ,Front Page Tech

iPhone 14 Proはノッチ廃止でパンチホールカメラを採用のウワサ


韓国系メディア『The Elec』からの最新情報によると、iPhone 14 Pro及びiPhone 14 Pro Maxではノッチが廃止され、パンチホールカメラが採用されるとのこと。

同サイトによれば、韓国サムスンがレーザー機器メーカーのフィロプティックスと締結しており、そのレーザー技術がiPhone 14シリーズ向けのホールパンチディスプレイで使用される可能性があるそうです。また、LGも独自のホールパンチディスプレイ、および画面下カメラ技術を開発しているとしています。


テック系メディア『9to5Mac』はこれについて、著名アナリストのミンチー・クオ氏の以前の主張を裏付けるものだ、としています。同氏は「iPhone 14 Proでパンチホールデザインが採用される」という主張を繰り返しており、現時点ではノッチ廃止をほぼ確信しているようです。

著名リーカーのジョン・プロッサー氏がリークしたiPhone 14のデザインでも、パンチホールカメラが採用されていることが分かります。同氏は「iPhone 14 Proの実機を見た」と主張しており、確かな根拠を持っているようです。


『The Elec』によれば、iPhone 14シリーズでは6.1インチと6.7インチのモデルが登場し、ラインナップはiPhone 14、iPhone 14 Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxの4種になるとのこと。以前の噂のとおり、『iPhone 13 mini』は廃止となる見込みです。

『9to5Mac』は「iPhone 14 Proでパンチホールデザインが実現すれば、印象的なものになるだろう」と指摘しています。現在のiPhoneのノッチには、カメラ以外にも多くのセンサーが搭載されており、これらを全て画面下に搭載するのは容易なことではありません。

今回の噂はどれも信憑性が高く、iPhone 14 Proでは本当にノッチが廃止となりそうです。とはいえ、iPhone 14ではノッチが継続されるそうなので、ノッチが気に入っている方はそちらを選ぶこともできます。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!