Google Pixel Watchの文字盤が発見される。「昼から夜に変わる風景」などユニークなデザインが明らかに



» ニンテンドースイッチを脅かす「意外な刺客」次世代ゲーム機に求められる進化とは?




2022年発売が予測されているGoogleのスマートウォッチ「Pixel Watch」のウォッチフェイスが発見されました。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:9to5Google ,RendersByIan ,Front Page Tech

Pixel Watchのウォッチフェイスが発見される


テック系メディア「9to5Google」が、「Wear OS 3」のエミュレーターの最新ファイル内に、とある動画を発見しました。この動画は、今後発売される「Pixel Watch」などで利用できる、様々なウォッチフェイスを示しています。

まずは、時刻を数字で表示するシンプルな文字盤。もうひとつには、天気、心拍数、日付の情報が時刻を囲むように表示されています。


3つ目は、時刻の周囲を歩数によって増加するリングが囲っています。同メディアによれば、歩数を示す靴のデザインは、Googleが買収したFitbitのアプリで使われているものと同じとのこと。

こちらは、太陽が低くなるにつれて変化する風景を芸術的に表現しています。ただし、時間帯と太陽が連動するのかどうかは分かりません。


他にもアナログ表示タイプの、スマートウォッチらしいシンプルな文字盤が発見されました。画像の4つ目は、回転式のデジタル表示というユニークなデザインです。


以前のPixel Watchリークを裏付ける結果に

注目すべきは、これらの文字盤が全て、著名リーカーのジョン・プロッサー氏がリークしたPixel Watchのレンダリングに表示されたものと酷似しているという点です。


これは、プロッサー氏のリークしたデザインが正確だったことを裏付けています。同氏は先日も「公式画像」を公開しており、自身のリークが正確であることを主張しています。


今回判明したウォッチフェイスから明らかになったことは、Googleがスマートウォッチをカラフルで遊び心のあるデザインにしようと考えていることです。なお、Pixel Watchは登場が遅れつづけていましたが、今のところは2022年の前半に登場すると予測されています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!