マイクロソフト創業者ビル・ゲイツと「ハエ」の知られざる関係



» アメリカ大統領を守るシークレットサービスの最強車両「ビースト」とその隊列に隠された驚異の防御力とは?




マイクロソフト創業者ビル・ゲイツをゲストとして招き、ハエの死骸のフィギュアをプレゼントする動画を、海外YouTuberのナス・デイリー氏が投稿しています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:Nas Daily ,Wikipedia(1) ,(2) ,CNBC

ビル・ゲイツが撲滅した「ハエから感染する」恐ろしい熱帯病


この奇妙なプレゼントが贈られた理由は、彼が河川失明症という恐ろしい病気をアフリカのニジェールで撲滅したからです。この病気は「川の盲目」とも呼ばれる、ハエに噛まれることで感染する熱帯病の一つです。

この病気は、川辺にいる黒ハエに噛まれることで感染します。この黒ハエは特殊な寄生虫を持っており、噛まれて血液に入り込むことにより、体中が痒くなって最終的には盲目になってしまうそうです。


このような病気は熱帯地方に多く見られ、先進国には少ない病気であるために、長いあいだ放置されてました。しかしビル・ゲイツはこの分野に多くの投資をしており、アラブ首長国連邦や世界銀行などと協力することで、この問題を解決しつつあります。

現在では、製薬会社が感染した人間を治療するための薬を寄付しており、現地で熱帯病についての教育なども行っているとのこと。ゲイツはニジェールの河川失明症について、こう語っています。


河川失明症はもうありません。アフリカの国で初めて排除しました。これは(アフリカで)最初の国ですが、大陸全体でできると考えています。

彼はビル&メリンダゲイツ財団を通し、エイズ、結核、マラリアなどの伝染病と闘うための援助や、ポリオ撲滅のための広範なワクチンプログラムなど、幅広い公衆衛生プロジェクトを支援しています。

また、人々にこれらの病気に対して関心をもたせることにも熱心です。以前には、蚊から媒介する熱帯病、マラリアに関する米国の講演で「会場に蚊を放つ(後にマラリアには感染していないと説明する)」など、取り組みの必要性も熱心に訴えかけています。

ゲイツとハエに関するエピソードとしては他にも、「ビルゲイツハナアブ」というハエが挙げられます。このコスタリカの高山にのみ生息するハエへの献名は、同氏の「双翅目学に対する彼らの多大な貢献」に対して行われたとのことです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!