iPhoneのプライバシー保護に「抜け穴」拒否したアプリがユーザー追跡を続けているとの調査結果



» iPhone 14 Proは「7年ぶりのカメラ大幅強化」リークを基にした予測CGが登場




昨年AppleはiOS 14.5で「アプリのトラッキングの透明性(ATT)」が導入し、すべてのiPhoneとiPadのアプリは、ユーザーに追跡を希望するかどうかを尋ねることが義務化されました。

しかし一部の開発者はすでに、ユーザーがサードパーティアプリによる追跡を拒否した場合でも、iOSユーザーを追跡し続ける「抜け道」を見つけているようです。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:Ars Technica ,9to5Mac ,9to5Mac(2)

iPhoneのトラッキング拒否の「抜け道」を使うアプリが複数存在することが判明


テック系メディア「Ars Technica」が共有した新しい調査で、一部の開発者がiOSの新しいプライバシー機能を回避していることが判明しました。ATTは機能するものの、アプリがユーザーのデバイスから一部のデータを収集する抜け道がまだ残っているのです。

調査では、アプリ追跡が無効になっている場合でも、サーバー側のコードを使用してユーザー識別子を生成している9つのiOSアプリを分析。これにより、広告会社は特定のユーザーをターゲットにしたコンテンツを作成することができているようです。なおこのコードは、中国企業アリババの子会社が提供しているようだ、と指摘しています。

調査では、iOSユーザー向けにATTがリリースされる前後で、合計1,759のアプリを比較しました。これらのアプリの4分の1はユーザーデータを収集していないと主張していたのにも関わらず、その中の80%のアプリには少なくとも1つのトラッキングライブラリが含まれていたとのこと。


これらのアプリは、アプリ間でインストール固有のIDをリンクするためにIPアドレスを使用したり、個々のアプリが提供するサインイン機能(例:GoogleやFacebookのサインイン、または電子メールアドレス)などを通じ、様々な方法でユーザーを追跡しているそうです。

同メディアは調査結果について、トラッキング会社、特にファーストパーティの大きなストレージにアクセスできる大規模な会社が、今も裏でユーザーを追跡していると指摘しています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!