Appleが机を作ったら、こうなる?



» 新型iMacの「白ベゼル」からみるAppleデザインの美学




Appleが机を作ったら、という想像から作成された「iDesk」の仮想CGが、YouTubeチャンネル「Tech Blood」から公開されています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Tech Blood ,Apple

Appleのディスプレイ付きデスク「iDesk」の仮想CG


こちらが「iDesk」の仮想CG。アルミ削りの足に、ガラスのような天板が特徴です。


なによりまず目立つのが、机の端がディスプレイになっている点です。これは「The Hub」という名称で、タスク整理に使えるという設定。確かに机でiPadのような機能が使えたら結構便利そうです。


iPadやiPhoneの充電も可能です。使い方はワイヤレス充電ドッグに差し込むだけ。これなら充電しながらでも、通知の確認や動画視聴などができそうです。


底面には高音質なBOSEのスピーカーがついています。Appleが他社製スピーカーを製品につけるとは考え難いですが、そこは仮想CGなのであしからず。


ヘッドホンホルダーがついているのも良いポイント。ちなみにヘッドホンもよく見るとBOSEっぽい。


価格などは設定されていないものの、サイズや機能からして10万円超えは間違いなさそう。Apple製品だと、ディスプレイスタンドも10万超えですし。これはあくまでコンセプトであり、実際に登場する証拠などがあるわけではありませんが、なかなかワクワクさせられるようなCGです。

Appleが出すかどうかはともかく「タッチディスプレイ付きの机」はいつか本当に出そうな予感。机の上の書類が、文字通り「机の中」に入る時代がそのうち来るかもしれません。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!