「Apple Watch SE」から分かる、Appleの徹底した製造コスト削減方法とは?



» Appleが3,600億円で買収したBeatsの「3つの魅力」とは?




Appleの「Apple Watch SE」は、シリーズの中でも特に安価で販売されています。

「Apple Watch SE」が安く販売できる仕組みについて、Appleに詳しいYouTubeチャンネル「Apple Explained」が解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained ,Apple

「Apple Watch SE」の価格を抑える秘密とは?




Appleの製品は高価なことで有名ですが、当然「Apple Watch」も同様です。 「Apple Watch」には、399ドル(約52,000円)で販売されているモデルや、1,499ドル(約20万円)で販売されているエルメス・モデルなどもあります。


しかし、「Apple Watch」シリーズの中には、怪しいほど安い値段で販売されているモデルがあります。それは「Apple Watch SE」です。

SEの見た目は従来のモデルと大きく変わりませんが、価格はたったの279ドル(約33,000円)です。


SEが安い理由は、Appleが高価で新しい部品の利用を避け、より古い安価な部品を使用しているからです。

実は、2020年に発売された「Apple Watch SE」の筐体は、2018年に発売された「Series 4」と同じものを使用しています。つまり「Apple Watch SE」は「iPhone SE」と同様、全体的に以前のモデルの再パッケージ化なのです。


再パッケージ化して販売することによって、Appleは「同じ部品」「同じ組み立てライン」を使うことができます。そのため、研究開発への投資も必要ないのです。

なぜなら「Series 4」を開発している間に、それらのコストは既に支払っているからです。

つまり、Appleは古い部品を安く利用し、大量生産することによって「Apple Watch SE」を安く製造しています。その結果、1台のSEに発生する製造コストは「Series 4」よりも大幅に安くすることができています。

このシステムによって、Appleは安い価格でユーザーに「Apple Watch SE」を提供できているのです。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!