イーロン・マスク「ロシアに衛星を狙われた」ハッキング攻撃の強まりを示唆



» 「まるで地獄」Twitter社員がかたる混乱と不安




Space Xのイーロン・マスクCEOが、同社の衛星がロシアによるハッキング攻撃が強まっていることを自身のTwitterで明らかにしました。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:@elonmusk ,Reuter ,Wccftech

イーロン・マスク、スターリンク衛星へのロシアの攻撃について言及


イーロン・マスク氏は米通信社「Reuters」の記事を引用し、ロシアによる衛星への攻撃について明らかにしました。

スターリンクはこれまでロシアのサイバー戦争による妨害&ハッキングの試みに抵抗してきたが、彼らはその試行を強めてきている

スターリンク衛星は、Space Xが打ち上げ・運営している衛星通信サービスです。マスク氏は支援の一環として同サービスをウクライナへ提供しています。

マスク氏は今回、ロシアからの衛星へのハッキングや妨害行為には抵抗しているものの、攻撃が強まっていることを公表。サイバー戦争の高まりを示唆するような内容となっています。


マスク氏が引用した「Reuters」の報道によれば、2月下旬に起こった「数万台のモデムをオフラインにした、衛星インターネット網に対する大規模なサイバー攻撃」の背後にロシアがいたとのこと。これは、米国、英国、カナダ、エストニア、欧州連合が明らかにしたものです。

同氏は以前、Twitter上でロシアのプーチン大統領に一騎打ちを申し込み注目を浴びたこともありました。また最近では、ロシアの宇宙開発に関する国営企業のCEOが「イーロン・マスクを脅す内容のメモ」をロシアメディアに送付していたことも、マスク氏自身が明らかにしています。

イーロン・マスク氏は現在、Space XやテスラのCEOを務めるほか、最近ではTwitterの買収計画も進めています。ただでさえ忙しいマスク氏ですが、ロシアはさらに彼の時間を削っているようです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!