ガックリ! iPhone 14 Pro Maxのリーク動画を見た「俺の絶望」



» スティーブ・ジョブズが「世界一普及した動画フォーマット」を葬った裏事情




リーク情報を基に作られた「iPhone 14 Pro Max」のモックアップ(模型)を、海外YouTubeチャンネル「Unbox Therapy」が入手し公開しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Unbox Therapy ,MacRumors

カメラユニットが大型化、厚みがやや増加した「iPhone 14 Pro Max」のモックアップ

左のグレーの端末が「iPhone 14 Pro Max」のモックアップ。細かい部分まで作り込まれた、本物に近いモックアップになっています。右は本物の「iPhone 13 Pro Max(ゴールド)」です。


比較すると、背面のカメラユニットが大きくなっていることが分かります。著名アナリストのミンチー・クオ氏のリークによれば、これは初の48MPカメラの搭載による増大だそうです。


カメラユニット縦の長さは、13 Pro Maxが約38mmなのに対し、14 Pro Maxのモックアップは約40mmとなっています。


ディスプレイ側のノッチは廃止され、パンチホール型のインカメラが搭載されています。


右の円形のパンチホールがカメラ、左の楕円形のパンチホールにはFace ID用のセンサーが搭載されています。


右側面を見ると、電源ボタンの幅がやや増えていることが分かります。また、厚みも増しているようです。


こちらは左側面。ボタンの厚みがやや違うほか、SIMトレイの位置も若干違うように見えます。


厚みは「iPhone 13 Pro Max」が約77.7mmなのに対し、「iPhone 14 Pro Max」のモックアップは約79.8mm。「若干太ったようだ」と投稿者のルイス氏は述べています。


ふとこの動画を見ていて思ったのは「13 Pro Maxのケース使えなくない?」ということ。カメラのサイズも全く違いますし、厚みやボタンの配置も違うため、14 Pro Maxに流用することは難しそうです。

シリーズの新型とかだと良くあることですが、「カメラの大きさがちょっと変わった」とかで愛用ケースが使えなくなると軽く絶望します。本革ケースの買い替えとかイヤだって。

ただし、これはケースメーカーなどがリーク情報を基に作ったものであり、信ぴょう性は高いもののAppleの正式なものではありません。実際の端末とは異なる可能性もあるため、あくまで参考程度にとどめておきましょう。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!