スティーブ・ジョブズが「世界一普及した動画フォーマット」を葬った裏事情



» 大富豪イーロン・マスクのお金の使いかた




Adobe Flash」のサービス終了には、Appleの存在が大きく関係しています。

Flashの歴史と、AppleがFlashの消滅をいかに加速させたかについて、Appleに詳しいYouTubeチャンネル「Apple Explained」が解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained ,wikipedia

Appleは、なぜiPhoneに「Adobe Flash」をサポートさせなかったのか?




「Adobe Flash」は、NewgroundsやHomestarrunnerのようなインターネットの初期の時代に、よく利用されていたマルチメディア技術です。

この技術は、Mac、PC、Linuxのいずれを使用していても、コンテンツを表示することができます。そのため、Flashは人気を高め、多くのWebサイトで使われるようになりました。


しかし、今のインターネット環境では大きく状況が違います。なぜなら、Flashは消滅したからです。

実は、Flashの消滅にはAppleが大きく関係しています。


Flashの歴史は、1993年の「SmartSketch」というソフトウェアから始まります。

このソフトは、当時流行していたスタイラスコンピューティングに最適化されたMac用のグラフィックエディターとして設計されました。しかし、スタイラスコンピューティングは、インターネットが次の大きな話題に移ったため、数年後に消えてしまいました。


そこで「SmartSketch」は「FutureSplash」というWebアニメーションツールとして書き直され、1995年にリリースされました。

このツールは、Web開発者が自分のWebサイトにカスタムアニメーションを追加できるようにするもので、当時としては斬新なコンセプトでした。


そして「FutureSplash」は、1996年にマクロメディアというソフトウェア会社の目に留まり買収され、名前を「Flash」と変えました。

マクロメディアは、Flashを近代化させ、広く普及させるために重要な役割を果たしました。

実際、Flashの性能は高く、Webサイトのアニメーション以外にも、Webサイト全体の制作に使われるようになりました。

しかし、欠点もありました。それは、検索エンジンでは、Flashサイトの中に隠されたコンテンツを読み取ることができないということです。そのため、検索エンジンの最適化には大きな支障をきたしました。

また、Webサイト全体をあらかじめ読み込んでおく必要があったため、HTMLに比べて非常に遅いという問題もありました。


しかし、Flashはその機能性の高さから、HTMLやCSS以上の機能を求めるWebデザイナーの間ですぐに採用されました。


Flashが登場したことによって、インターネットでは、今までにない体験ができるようになりました。

NewgroundsやYouTubeのようなWebサイトは「Flash」「アニメーション」「ビデオ技術」の登場によって利用可能になったのです。

つまり、インターネットの歴史におけるFlashの重要性は、決して軽視できないということです。


2005年、Adobeはマクロメディアを買収し、Flashの単独所有者となりました。

そして、この技術はいつでもどこでも使われるようになりました。

WebブラウザはFlashを自動的にダウンロードできるようになり、Web開発者の間では、FlashはNo.1のツールになりました。


しかし、その人気とは裏腹に、Flashには消費電力の増加やセキュリティ上の欠陥がありました。

Appleはその問題が原因でモバイル機器にFlashを搭載させることに躊躇していました。


Adobeは、iPhoneの発売前に問題を修正したモバイル版Flashを作成しようとしましたが、その製品は実現しませんでした。

このため、Appleは難しい立場に立たされたのです。

もし、既存のFlashをiPhoneに搭載させた場合、バッテリーを急速に消耗させたり、Webブラウザをクラッシュさせる可能性があります。

そこでAppleは、Macではその他のPCと同じようにFlashをサポートしていたにもかかわらず、不安定さを防ぐためにiPhoneではFlashをサポートしないと決断しました。


そしてAdobeは、少なくとも当初はこの決断に納得していました。

ユーザーもFlashがサポートされていないことを、あまり不満に思っていませんでした。なぜなら、ユーザーの多くは、Safariからではなく、アプリを使ってWebサイトにアクセスしていたからです。

しかし、AdobeとAppleの関係は「iPad」の登場によって変わりました。


スティーブ・ジョブズは、iPadを「これまでで最も重要な製品」と呼びました。

ジョブズの予想通り、iPadは電子機器として史上最速で売れました。iPadは、なんと100万台をわずか28日間で販売しました。これは、iPhoneの74日間を大きく上回る記録です。

しかし、アナリストやジャーナリストは、iPadがFlashをサポートしていないことを問題視していました。

Adobeは、この問題にできるだけ多くの注目を集めたいと考えたのです。

なぜなら、モバイルでのWeb閲覧が増え、デスクトップでの閲覧が減少していたため、Flashの存在意義が脅かされていたからです。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!