【ポケモンGO】シンオウ地方(第4世代)のポケモン入手難易度ランキング【2022年上半期更新版】

ポケモンGO(Pokémon GO)』に実装されているポケモンの中で、最も入手難易度の高いポケモンベスト5(第4世代編)をランキングにしてみました

第4世代で最も入手難易度の高いポケモンは?


『ポケモンGO』におけるやり込み要素はトレーナーの数だけあるといっても過言ではありませんが、多くのトレーナーが漠然と目指しているのは“図鑑のコンプリート”なのではないでしょうか。

今や700種類以上のポケモンが実装され(原作だと891匹、フォルム違いやアローラのすがたなどのリージョンフォームはこの数に含まれていないので、全部合わせると約1000種類に……!)、その全てを集めるのは至難。

中には入手が困難で「こいつさえゲットできればこの地方はコンプリートなのにっ……!」というストッパー的な存在のポケモンもいますよね。

というわけで、今回の記事では第4世代の中で特に入手難易度の高いポケモンベスト5を紹介します。

※伝説のポケモンはレイドバトルやスペシャルリサーチで入手可能なので除外しています。また、特定のイベントで例外的に出現率がアップしていたというパターンは考慮していません。あくまでも6年間全体で見た時の入手難易度で選出しております。

5位:リーシャン


リーシャンは7kmタマゴや10kmタマゴからのみ入手可能なポケモン。

タマゴを大量に割ることが可能であれば入手難易度は下がりますが、孵化に必要な距離が長いのと、むげんふかそうちのみで孵化作業を進めるとなると入手難易度(というか必要歩行距離が凄まじい)が非常に高くなります。

4位:ミノマダム(すなち)


進化前のミノムッチはゴミ、くさき、すなち3種類が存在していますが、その中でも最も出現数が少ないのがすなちのミノムッチ。

さらに、ミノマダムに進化可能なのはメスの個体のみとなるので、すなちミノマダムの入手難易度はなかなか高めとなっています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!