Appleが格安「AirPods Lite」を開発中、一万円以下のワイヤレスイヤホン市場を狙うとのリーク

Appleがより安価な「AirPods Lite」を開発していると、海通証券のアナリスト、ジェフ・プウ氏がリークしています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:9to5Mac ,Macworld

Appleが安価なイヤホン「AirPods Lite」を開発中とのリーク


Appleは現在、第2世代と第3世代のAirPods、ノイズキャンセリング対応のAirPods Pro、最上位のヘッドホンAirPods Maxまで、4種類のAirPodsラインナップを展開しています。AirPodsは人気のあるApple製品の1つですが、低コスト化が進む現在のワイヤレスイヤホン市場では高額な部類です。

テック系メディア「9to5Mac」が入手したプウ氏のレポートによれば、Appleは現在、これらの100ドル以下、日本円でいうと一万円以下の安価なワイヤレスイヤホンに対抗するため、新しい「AirPods Lite」の開発に取り組んでいるとのこと。

プウ氏は業界筋の情報に基づき、AirPodsの需要が2023年までに減少すると主張しています。具体的には、AirPodsの出荷台数は2022年の7300万台から2023年には6300万台に減少するとのこと。減少の理由は「ソフトなAirPods 3需要」と、Appleが新しいAirPodsをリリースしない可能性があるからだそうです。

代わりにAppleが取り組んでいるとされているのがAirPods Liteです。現時点では、この製品が具体的にどのようなもので、どのような機能を持つのかは不明ですが、プウ氏はこれがApple以外のイヤホンと競合する「低価格の製品」であると説明しています。

現状では、2021年に登場した最新モデルAirPods 3は27,800円、前世代のAirPods 2は19,800円で販売されています。そのため「9to5Mac」は、この「AirPods Lite」はこれを価格になると予測しており、第2世代AirPodsの価格を単純にさらに下げる可能性もあると指摘しています。


また、Apple専門メディア「Macworld」は、100ドル以下のまともな代替品がある現場、多くの人にとって、古いAirPodsは129ドルでも高すぎると指摘。また、Apple傘下のオーディオブランドBeatsからより安いワイヤレスイヤホンが登場していることも示唆しています。

Appleは実際に100ドル以下のイヤフォンを提供していますが、それはAirPodsではなく、Apple傘下のBeatsブランドから提供されている70ドルのBeats Flexです。

このBeats Flexは左右がつながったデザインではあるものの、日本国内でも一万円以下と安価な販売価格です。また、ノイズキャンセリングに対応した「Beats Studio Buds」も、ショップによっては2万円を切る価格で販売されています。これらのイヤホンを見る限り、Appleがより安価な価格のAirPodsを発売することは可能なはずです。

Appleは2022年、ノイズキャンセリングが強化され、U1チップを搭載した新しい充電ケースを備えた第2世代AirPods Proを発表しました。しかし、2021年からアップデートされていない通常のAirPodsや、高級ヘッドホンのAirPods Maxの次世代モデルに関する噂は今の所登場していません。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す