iPhone 15では4800万画素の〝Pro並み〟高性能カメラがベースモデルにも搭載されるとのリーク

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

2023年に発売される見込みの「iPhone 15」シリーズについて、海通証券のアナリスト、ジェフ・プウ氏がサプライチェーンの情報源に基づいてリークしています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:9to5Mac ,(2) ,Medium ,RS.

目次

iPhone 15はカメラ・チップが14 Proと同等に


テック系メディア「9to5Mac」は、プウ氏が公開したiPhone 15に関するレポートを入手したとのこと。iPhone 14とiPhone 14 Plusは、iPhone 13シリーズとほぼ同じでしたが、iPhone 15ではいくつかの大幅な機能強化が行われるようです。

今回のリークの注目点は、iPhone 15シリーズの通常モデル(無印とPlus)が、4800万画素の超広角レンズを搭載した3層構造のセンサーを搭載するとされている点です。4800万画素のカメラはiPhone 14 Proで初めて搭載されましたが、通常モデルは12MPカメラに留まっていました。

プウ氏はまた、これまでのリークと同様、iPhone 15シリーズの通常モデルはLightningの代わりにUSB-Cポートを搭載し、iPhone 14 Proと同等のiPhone 14 Pro Maxに搭載されているA16 Bionicチップを搭載すると主張しています。

iPhone 15 Proのカメラも大幅なアップグレードを受けると予想されています。「9to5Mac」によれば、大型のiPhone 15 Pro Max(もしくはUltra)は、Appleは初めて12MPのペリスコープ(潜望鏡)レンズを追加し、より倍率の高い光学ズームを可能にするとのこと。また、光学ズームやLiDARスキャナーは引き続きProモデル限定のようです。

シャイレーシュ・ハリハラン氏(RS.)による「iPhone 15 Ultra」予測CG

これは、著名アナリストのミンチー・クオ氏のリークに基づくものです。同氏はこのペリスコープレンズは最大6倍光学ズームに対応し、Appleは3倍光学ズームの望遠レンズも残るとのこと。さらに、iPhone 15 Proの両モデルには、3nmプロセスの新チップA17と、8GBのRAMを搭載し、筐体はステンレススチールからチタンフレームに変更されると予想されています。

iPhone 15とiPhone 16の潜望鏡の主な仕様は、1/3インチ12MP、F2.8、センサーシフト対応、光学5~6倍ズームなど類似しています。

またプウ氏は、iPhone 15 Proが、iPhone SEのホームボタンと同様に、触覚フィードバック付きの仮想ボリュームボタンと電源ボタンを搭載すると指摘。これも、クオ氏の以前のリークと一致するものです。

プウ氏によれば、AppleはiPhone 15シリーズの発売を9月23日に予定しているとのこと。ただしこれらの情報はあくまでリークの段階に過ぎず、今後さらに計画に変更が加えられる可能性もあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次