【激似!?】TXT「ボムギュ」、BTS(防弾少年団)『DNA』のカバーでV(テテ)にそっくりと絶賛される

2022年12月下旬、『SBS歌謡大祭典』に登場したTXT(TOMORROW X TOGETHER)が、先輩BTSのヒット曲『DNA』カバーを披露しました。このステージで、V(テテ)のパートを担当したボムギュが、「あまりにもVに似ている」と評判に。

デビュー前からVのファンと言うボムギュが、どの様に素晴らしいカバーを披露したのかについて、紹介します。

目次

ARMYにも「Vそっくり」と言われたボムギュの『DNA』

『2022 SBS歌謡大祭典』に登場したTXTは、全員が尊敬する先輩でもあるBTSの『DNA』カバーにチャレンジ。

この中で、V(キム・テヒョン)のカバーを担当したのがボムギュでした。Vの大ファンでもあるボムギュは、Vのパートだけでなく、表情まで完璧に再現。「本当にVにそっくり」「良く見て練習したんだね」と、ARMYとMOA(TXTのファンダム)から絶賛されています。

歌い出しのボムギュに注目

「Vそっくり」と言われたのは、DNAの歌い出しのパート。Vのパートをボムギュが担当していますが、驚くほどにそっくりです。実際にVのパフォーマンスと並べて、「Vをとても良く研究している」と語るファンもいたほど。

この表情はSNSで瞬く間に話題となり、ARMYからも絶賛の声が挙がっています。ここまで似ていると、本当にリスペクトしているのが伝わるでしょう。大先輩のカバーを大切にする姿に、賞賛の声も見えました。

歌い方もVに似ている

さらに注目したいのは、DNAのイントロを歌うボムギュが、Vの歌い方を踏襲している点です。ボムギュはもともと低音で、その点でもVとの共通点は大きいですが、歌い出しのイントネーションや表現まで完璧に似せており、ここでもVへのリスペクトを見せました。

BTSほどの大先輩となると、カバーを披露するのは並の覚悟ではできません。必ず批判する人も出るためです。ボムギュが賞賛されたのは、ひとえに彼の努力によるものでしょう。

Vをロールモデルと語っていたボムギュ

ボムギュはデビュー前からVのファンだったことを公言。TXTのデビューでVの後輩となり、ファンからは「成功したオタク」とも呼ばれています。

ボムギュがVをリスペクトする理由は、ダンスや歌もさることながら、表情の上手さに感動したため。『21世紀少女』でのVを見て、表情の巧みさに衝撃を受けたとか。DNAで表情の上手さを評価されたのも、Vの背中を追って来たからかもしれません。

「表情を重視している」と語っていたボムギュ

ボムギュは過去に日本のコンテンツの中で、「歌やダンスも大事だが、表情を映されることが多い。だから表情にも力を入れている」と語っていました。この発言からも、パフォーマンスの中の表情を重視し、日頃から良く練習していることが伝わります。

これこそVから学んだことであり、ボムギュが現在も大切にしている事なのでしょう。TXTやボムギュにとって、いかにBTSが大きな存在かが解るでしょう。

過去にもBTSをカバーしてきたTXT

TXTは過去にもBTSを数多くカバーしており、そのすべてで高評価を得ています。過去にどんなカバーがあったのか、ここで少しおさらいしてみましょう。

『Dynamite』のカバーを日本の音楽番組で披露

日本の音楽番組で、あの有名な『Dynamite』をカバーしたことがあります。BTS最大のヒット曲をカバーするために、かなりの練習を積んだと解るパフォーマンスです。ボムギュはBメロからのVパートを担当しており、やはりVへのリスペクトを示しました。

ぜひ『Dynamite』BメロのVと聞き比べてみて。ボムギュのカバーの完璧さがよく解ります。

この日は会場にBTSもおり、楽屋でTXTのパフォーマンスを見守っていました。ボムギュの間違いに気付いたVは、楽屋に来たボムギュをすぐに呼び寄せ、「良くやった」とハグ。ボムギュは悔しさで涙していたそうで、Vはすぐにその気持ちに寄り添いました。

TXTを我が子の様に見守るBTSたち

2019年のSBS歌謡大祭典にて、BTSがステージのTXTを見守る様子が配信されています。ホソクは「ヒュニン・カイ(TXTの末っ子)を見ると、ジョングク(BTSの末っ子)を思い出す」と言いながら、愛情深くTXTを見つめていました。

ジミンやジン、ジョングクらも集まり、さながら参観日の様です。日頃から大切な弟として、TXTを可愛がっているのが伝わります。

BTS直属の後輩はTXTのみ

HYBEにはいくつかのボーイズグループがいますが、BTSの後輩は同じBIGHIT MUSICのTXTのみです。デビューした時から「BTSの後輩、弟」と呼ばれ、重いプレッシャーを背負ったTXTを、BTS全員で大切にしてきました。

ソウルミュージックアワード2019では、ジンが自ら「僕たちの弟がデビューします。応援してあげてください」と述べ、お披露目を控えるTXTを後押ししました。自分たちの曲をカバーするほど成長したのは、誰より喜んでいるでしょう。

2023年のTXTは日本活動が増加予定

TXTは「2023年は日本での活動が増える」「大きな会場でのコンサートも予定している」と話しており、今年は会える機会に恵まれそうです。1月2日には、バンテリンドーム名古屋で開催の『KROSS vol.1-kpop masterz-』にも出演。新年早々に日本のMOAと触れ合いました。

「BTSの後輩」というだけでなく、自らの力で道を切り開いてきたTXTに、ぜひ大きな声援を送りましょう。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す