新型「iPhone SE」開発計画が復活

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

Appleが第4世代となる新型「iPhone SE」の開発を再開したと、著名アナリストのミンチー・クオ氏が新たに報告しています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:MacRumors ,@mingchikuo ,@DSCCRoss ,The Elec

目次

iPhone SE「次モデルはコスパ最強」とのリーク


クオ氏は2ヶ月前、Appleは2024年に新しい「iPhone SE」をリリースする計画を破棄したとリークしていました。この理由としては「中位から下位のiPhone(SE 3、13 mini、14 Plusなど)の出荷台数が常に予想を下回っているためだ」としています。

しかし今回のリークによれば、Appleは新型「iPhone SE」の開発を再開したとのこと。

クオは今日の一連のツイートで、新型「iPhone SE」は、ベゼルがより薄く、6.1インチの有機ELディスプレイを搭載した標準の「iPhone 14」と同様のものになると述べています。なお、現行の「iPhone SE」は「iPhone 8」と同じ筐体で、ベゼルが厚い4.7インチの液晶ディスプレイを搭載しています。


私の最新の調査によると、Appleは最近、最大の変更点として、液晶ではなく有機ELディスプレイを搭載する「iPhone SE 4」を再始動させたようです。全体として、SE 4は6.1インチのiPhone 14のマイナーチェンジ版と言えるでしょう。

新しい「iPhone SE」はAppleがカスタム設計した5Gモデムを搭載し、接続は5Gの6GHz以下の帯域に限定されるとのこと。クオ氏は、新型「iPhone SE」の発売時期を明示していませんが、テックメディア「MacRumors」は同端末の過去のモデルの発売時期から、2024年3月以降になる可能性が高いと指摘しています。

また、現行モデルはホームボタンとTouch IDを搭載したApple最後のiPhoneですが、「iPhone 14」をベースにした新モデルであれば、代わりにノッチとFace IDが搭載される可能性が高いとのこと。SEの価格で「iPhone 14」と同等になるとすれば、iPhone史上最高にコスパの良いモデルとなりそうです。

なお、ディスプレイ業界に詳しいアナリスト、ロス・ヤング氏の追加情報によれば、新型「iPhone SE」のディスプレイは中国のメーカーBOEから供給されるとのこと。

中国BOEは、韓国サムスンとLGに続き、iPhone向けの有機ELディスプレイを供給するメーカーです。しかし昨年始め、BOEが「iPhone 13」向けに製造していた有機ELパネルの仕様を勝手に変更していたことが発覚し、一時はディスプレイの供給を停止されています。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

編集部おすすめの人気無料ゲーム!

ゼンレスゾーンゼロ

ゼンレスゾーンゼロ
『原神』のHoYoverseの最新3Dアクションゲーム! 3人でチームを組み、爽快なバトルを楽しもう!

新着記事

目次