Googleの〝iPhone喰いスマホ〟は今年もヤバい- 「Pixel 7a(’23年)」のデザイン予測(リーク)最新まとめ

前編 » Googleの〝怪物スマホ〟’23年の「コスパ最高Android端末」のリークに注目!

「Android Police」は「GoogleのPixel 6aは、その強力なハードウェア、素晴らしいカメラのおかげで、2022年に最高の格安Android携帯の1つとしてその名を馳せました。フラッグシップに匹敵するパワーを持つ手頃な価格の携帯電話を求める人なら、Googleの最新作を買って損はないでしょう」とベタ褒め。

▽ Pixel 7の画像


その上で「今年(2023年)のPixel 7aは、昨年のハイエンド端末Pixel 7とGooglePixel 7 Proからインスピレーションを得ていると思われます。Googleの最新のフラッグシップデバイスは、まだ最高のものであり、2023年のaシリーズの携帯電話が〝ホームラン〟になるように周到に計画されているように思えます」と期待感を隠しません。

Google「Pixel 7a(2023年)」のデザイン予測(リーク)


「Pixel 7a」のデザインの大まかな流れは「Pixel 6a」が「Pixel 6」を模倣したのと同じように「Pixel 7」を模倣していると予想できます。けれども、デザインに関してはいくつかの〝サプライズ〟があるかもしれません。

コードネーム「Lynx(リンクス)」で呼ばれる次期GooglePixelデバイスの噂があり、これは当初「Pixel 7シリーズのハイエンド」を示唆していたにもかかわらず、直近の情報ではこれが「Pixel 7a」を指すものへと変わっているようです。これをもとに考えると「Pixel 7a」はPixelデバイスとして初めてセラミックボディを採用するかもしれません。これは重要なアップグレードであり、通常プラスチックボディであったこれまでのaシリーズモデルより質感が高まりそうです。

これは「Appleが廉価モデルに高級素材を採用する」というリークとも呼応するもので、両雄が「高級感のある、安い端末」で勝負をしかけてくる可能性を示唆しています。

» 中国SNSへ「iPhone 15」のデザイン予想がリーク、投稿者は過去に〝的中実績〟あり

ただし、これはリーク情報が〝Googleのタブレット〟と混同している可能性も考慮しなければなりません。「Made By Google」2022のイベントで、時期「Pixel Tablet」がセラミックボディを採用することが発表さているので、このタブレット向けの研究開発が「Pixel 7aの情報」と誤って解釈された可能性も捨てきれません。

〝非セラミック説〟を裏付けるように、Google「Pixel 7a」の初期のレンダリング画像は「Pixel 7」とほとんど見分けがつかない姿となっています。ホワイトの「Pixel 7a」は、同じマットシルバーのフレーム、同じ光沢のある背面、2つのカメラセットアップ、そして前面のフラットディスプレイを上位モデルから受け継いでいます。なお、「Pixel 7a」のサイズは「6a」とほぼ同じで、縦0.2x横x幅1.1mmとみられています。カラーは2色でホワイトとグレーが確実視されています。また、第3のカラーとして〝スカイブルー〟登場を示唆するリークもあります。

Amazonで「Anker モバイルバッテリー」見る

続き:Pixel 7a(’23年)のデザイン予測(リーク)最新まとめ、Googleが〝打倒iPhone SE〟がここに完遂!

* Category: technology,gadget テクノロジー、ガジェット
*Source:Android Police

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す