『ゴッドフィールド』ブラウザ版・スマホ版のやり方|ルール解説

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

オンラインのターン制カードバトルゲーム『ゴッドフィールド』に関する情報を紹介します。こちらはグウジ氏によって設計されたインディーゲームです。

このサイトでは、Amazonアソシエイト・プログラムを使用しています


目次

目次

『ゴッドフィールド』とは?

『ゴッドフィールド』は2001年に公開され、2020年にはスマホアプリ版の配信も始まりました。当時を知る人には、ほんのりエモい香りのする本作。

一度に2〜9人のプレイヤーがバトルロワイヤル形式で遊ぶことができる他、チーム戦でも対戦が可能です。


『ゴッドフィールド』のルール

ゴッドフィールドは、最初に固定のHP・MP・¥と、ランダムに配られる9枚のカードを持ってスタートします。他のプレイヤーをHP0(ゲーム内での表記は昇天)にして、勝ち残れば勝利といういたってシンプルなルール。

ゲーム中は様々なカードを使って戦うことになります。基本カードの簡単な説明はコチラ!

【武器】
「攻○」といった数字が表記されており、相手1人へ攻撃する基本となるカード。「攻+〇」という他の武器カードとセットで使うことができ、ダメージの底上げができるカードや「○○%攻○」と表記されたの全体へ確立で攻撃することができるカードが存在。

【防具】
それぞれに「守○○」といった数字が表記されている、相手の攻撃を防ぐことができるカード。一度に複数の選択ができるので、相手の攻撃の数字に近くなるように選択しよう。

【奇跡】
MPを使用してプレイヤーや相手にダメージや様々な効果をあたえることができるカード。強力なカードはMPの消費が多いので、じっくり考えて使用しよう。

基本となる上記3種類に加えて、¥を使用する「両替」「買う」「売る」、様々なサポートをする「守護神」を召喚するカードが存在します。これらを使って相手を昇天させて、プレイヤーが最後の1人となるまで戦い抜くことができれば勝利です。


『ゴッドフィールド』のモード

CPUと戦う「修行」、他のプレイヤーと2〜9人で入り乱れて戦う「公衆乱闘」の他、友達と戦う「隠れ乱闘」、1対1の個人戦「真剣タイマン」で遊ぶことができます。

また「公衆乱闘」では、2vs2や3vs3のチーム戦の他にも、1vs複数プレイヤーといった変則的な対戦も可能。個人戦とは違った駆け引きを楽しめます。


『ゴッドフィールド』をプレイするには

『ゴッドフィールド』は現在「ブラウザ版」と「スマホアプリ版」が配信中。

「ブラウザ版」はアクセスのみ、「スマホアプリ版」はアプリダウンロードだけで名前を入力すれば簡単プレイができます。さらにクロスプレイも対応しているので、機種の垣根なくプレイすることができますよ!

【URLリンク】
「ブラウザ版」
「スマホアプリ版」App Store
「スマホアプリ版」Google Play

このサイトでは、Amazonアソシエイト・プログラムを使用しています

ゴッドフィールド ・販売元: Takamasa Jinno
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 66.2 MB
・バージョン: 1.4.68
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次