【サッカー】バルセロナに激震!! デンベレ選手の後釜は誰だ!?

FCバルセロナ所属、フランス代表FWウスマン・デンベレ選手のパリ・サンジェルマンFCへの移籍が濃厚とされています! これを受け、FCバルセロナとチャビ・エルナンデス監督は後釜獲得に着手。現在後釜候補として名前が挙がっているのは、バルセロナに逆オファーをしたアトレティコ・マドリードのポルトガル代表FWジョアン・フェリックス選手です! ところが海外メディアによると、ジョアン・フェリックス選手が後釜に選ばれることはないとのこと。そこには一体どんな理由があるのでしょうか?

メッシなどの有名選手を育成!「FIFPro公式 チャンピオンイレブン」を無料でDL!

目次

ウスマン・デンベレってどんな選手?

まずはFCバルセロナを離れる可能性が高いとされるデンベレ選手についてご紹介します! ウスマン・デンベレ、26歳。フランス・ウール県ヴェルノン出身のフランス代表FWです。現在はスペイン1部ラ・リーガのFCバルセロナに所属しています。

両利きであることは有名で、左右どちらのポジションでもプレー可能なウインガー。驚異的なスピードと卓越したテクニック、ゴール前での冷静さを併せ持つ世界トップクラスの選手です! また、パスやクロスの精度も高く、左右どちらの足からも強烈なシュートを放つことができます。


26歳にして数多くのタイトルを獲得!

昨年開催されたFIFAワールドカップ2022でフランス代表の準優勝に大きく貢献したことは記憶に新しいですが、実はFIFAワールドカップ2018の優勝メンバーでもあります! FCバルセロナ移籍前の所属クラブであるドイツ1部ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントでは2016-17シーズンのDFBポカールを制覇。FCバルセロナでは、ラ・リーガ3回、コパ・デル・レイ2回、スーペルコパ・デ・エスパーニャ2回のタイトルを獲得しました!

更に個人でも、プロデビューを果たしたフランス1部リーグ・アンのスタッド・レンヌ時代に年間最優秀若手選手賞を獲得しています!

後釜候補のジョアン・フェリックス選手とは?

次にデンベレ選手の後釜候補の1人とされている、ジョアン・フェリックス選手についてご紹介します! ジョアン・フェリックス・セケイラ、23歳。ポルトガル・ヴィゼウ出身のポルトガル代表FWです。2023年1月から約半年間はローン移籍という形でイングランド1部プレミアリーグのチェルシーFCでプレーしていましたが、現在は所属元のスペイン1部ラ・リーガのアトレティコ・マドリードに戻っています。

UEFAヨーロッパリーグでは史上最年少の18歳でハットトリック達成! 将来のバロンドーラー候補の1人と言われており、現所属のアトレティコ・マドリードへ移籍した際の推定移籍金は、史上4番目の金額だったとも言われています!


若くして才能を発揮!

ジョアン・フェリックス選手も若くして多くのタイトルを獲得している選手です! プロデビューを果たしたポルトガル1部プリメイラ・リーガのSLベンフィカではリーグ優勝1回、現所属のアトレティコ・マドリードではラ・リーガ制覇1回、代表でもUEFAネーションズリーグ制覇に貢献しています。

更にポルトガル、スペイン合わせて11個も個人タイトルを獲得。その中にはポルトガル年間最優秀選手賞も含まれており、国を代表するアタッカーであることは疑いようがありません!

ジョアン・フェリックス選手が後釜候補と言われるワケ

世界のトッププレーヤーであるデンベレ選手の後釜候補に、23歳の若きポルトガル代表の名前が挙がるのは、その確かな実力だけが理由ではありません。ジョアン・フェリックス選手は過去に「バルセロナでプレーできたら素晴らしい」「バルサでのプレーが子供の頃からの夢だった」と語っており、これがFCバルセロナへの逆オファーと捉えられています。

デンベレ選手の後釜獲得を目指すFCバルセロナと、そんなFCバルセロナでのプレーを夢見ているジョアン・フェリックス選手。話はきれいにまとまりそうな気もしますが、どうやらそう簡単にはいかないようです。

チャビ監督がジョアン・フェリックス選手を望んでいない?

スペインメディア”ムンド・デポルティボ”によると、ジョアン・フェリックス選手がデンベレ選手の後釜になることはないようです。その理由は、FCバルセロナのチャビ監督がジョアン・フェリックス選手の獲得を望んでいないとのこと。同メディアいわく、ジョアン・フェリックス選手のテクニックこそ疑いの余地はないものの、守備での献身性に欠けているためだとしています。

更にチャビ監督だけでなく、マテウ・アレマニーフットボールディレクターやデコスポーツディレクターも、ジョアン・フェリックス選手がFCバルセロナのプレー哲学に適応できないと考えているようです。チャビ監督にとってデンベレ選手はそれだけ偉大な選手であり、現在のジョアン・フェリックス選手では後釜として力不足ということなのでしょうね。

移籍市場はまだ開いている!

どちらの選手も世界レベルのアタッカーであることは間違いありません! それでもチャビ監督がジョアン・フェリックス選手を後釜に迎えられないということは、デンベレ選手への信頼感の現れなのだと思います。昨シーズンのラ・リーガ王者、FCバルセロナの今後の動向にも注目し続けましょう!

またジョアン・フェリックス選手は、いつかFCバルセロナでプレーするという夢を叶えることができるといいですね! まだまだヨーロッパの移籍市場から目が離せません!

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す