MENU

【話題】マリウス葉(元Sexy Zone)国連WFP「ごちそうさまチャレンジ」アンバサダーに就任へ

元Sexy Zoneのマリウス葉さんが、国連WFP(国連世界食糧計画)が主催する「ごちそうさまチャレンジ」キャンペーン・アンバサダーに就任! 世界のフードロス問題に向き合い、「計画的に購入し、すべて食べて使い切ること」「すべての人たちに、食材が正しく行き渡ること」の重要性を発信します。

ファンからは「マリウスに久しぶりに会えて嬉しい」「マリウスらしいお仕事だ」と語り、マリウス葉さんの新しいチャレンジを応援する声が挙がりました。

目次

目次

マリウス葉さんが国連WFP「ごちそうさまチャレンジ」アンバサダーに挑戦

元Sexy Zoneのマリウス葉さんが、国連WFP(国連世界食糧計画)のキャンペーン「ごちそうさまチャレンジ」のアンバサダーに就任しました。

国連WFP(国連世界食糧計画)は、世界の食糧問題を解決するための活動・啓蒙を行っている団体。「ごちそうさまチャレンジ」は、「必要な食料を必要なぶんだけ食べる」「フードロスを減らすことで、飢餓に苦しむ人々に食料がいきわたる様にする」という活動を推進するキャンペーンです。

料理を食べ切れずに残したり、食材を使い切れずに捨てたりすることはありませんか? 買い物をする時に量を調整したり、余った食べ物をきちんと保存して食べ切ることで、フードロスを削減することができます。

ハッシュタグをつけてSNSに投稿すれば、途上国の子供たちに学校給食5人分を届けることが可能に。フードロスの問題を拡散でき、さらに子供たちに給食を届けることもできる素敵なキャンペーンです。

2022年末にSexy Zoneを脱退し、ジャニーズ事務所を退所したマリウス葉さん。そのマリウス葉さんが、国連WFP主催のキャンペーンに参加とのニュースに、Sexy Zoneのファンは大きな喜びとエールを寄せています。ファンとしては誇らしい活動ですね。



「ごちそうさまチャレンジ」とは?

「ごちそうさまチャレンジ」のコンセプトには、「食べられるのに捨てられてしまう食材を減らす」という目標があります。

毎日の食事の中で、つい食材を買いすぎてしまったり、料理を作りすぎてしまうことはないでしょうか? 食材をきちんと食べ切ることや、そもそも必要なぶんだけ購入する・料理することは、捨てられる食材を減らすことに繋がります。また、食材の無駄を減らせば、飢餓に苦しむ人々へ食材を行き渡らせることも可能に。「ごちそうさまチャレンジ」では、「計画的に買い」「全て使い切り」「食べ切る」ことを推奨し、フードロス問題へ取り組みます。

また、「#ごちそうさまチャレンジで飢餓をなくそう」のタグをつけ、「ごちそうさまポーズ」「おいしいごはん」「完食したお皿」「見切り品チャレンジ」の写真を投稿すると、1投稿にで途上国の子供5人に給食を届けられるそう。

寄付に参加したい方は、「#ごちそうさまチャレンジで飢餓をなくそう」というハッシュタグをつけ、SNSに該当の写真を投稿してください。指定メーカーの食材を投稿すれば、2倍の支援も可能です。

詳しくはこちらから↓



マリウス葉さんが「ごちそうさまチャレンジ」キャンペーンへの想いを掲載

「ごちそうさまチャレンジ」キャンペーンのアンバサダーに就任したマリウス葉さんは、綺麗に食べ終わったお皿の写真、保存しておいた食材を皿に盛る動画をアップ。また、自身の言葉でフードロス問題について言及しました。

マリウス葉さんは、2022年に世界の飢餓が広がったこと、原因はウクライナ戦争や気候変動など複合的なものであることを記載。また、世界の食糧生産量の3分の1が捨てられていることにも触れ、フードロスの量は「国連WFPが援助している食料の量を上回る」と問題提起。その上で、飢餓問題について語り、解決するための方法にも触れています。

全文はマリウス葉さんのInstagramで↓。「ごちそうさまチャレンジ」の必要性がしっかりと伝わる内容です。

Sexy Zone在籍時代から社会問題に関心があったマリウス葉さん

マリウス葉さんは2011年にSexy Zoneの最年少メンバーとしてデビュー。2020年に休養に入り、2022年末をもってジャニーズ事務所を退所、芸能界を引退しました。

現在もSexy Zoneのメンバーとは良好な関係を築いており、個人InstagramでSexy ZoneのInstagramをフォロー。2023年には、Sexy Zoneのコンサートツアーを鑑賞する姿が目撃されています(これはSexy Zoneのメンバーも「マリウスが来た」と言及しています)。

Sexy Zone在籍時代から社会問題に関心があり、雑誌連載ではフェミニズムについて自身の考えを語りました。また、プラスチックを使用し続けることのデメリットを発信したことも。マリウスさんの存在から、Sexy Zoneのツアーグッズでエコストローが販売され、脱退後にもエコバッグが制作されています。「芸能人が持つ影響力をポジティブに使い、自身の考えを発信したい」という、前向きな考えがあったのでしょう。

海外では、「芸能人がチャリティーに参加することで、問題や活動の存在を知ってもらえる」とされ、アーティストが参加することは珍しくありません。マリウス葉さんの活動もそのひとつでしょう。アンバサダーとしてどのような活動をしていくのか、ぜひ注目してくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次