ロシアの地雷除去に挑む! M1エイブラムスを徹底改造した「M1150 ABV」の驚異的性能

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

ウクライナ軍に受領された、米軍の特殊車両「M1150アサルト・ブリーチャー・ビークル(ABV)」。米軍の地雷・爆発物除去車であるこの車両には、地雷除去に特化したさまざまな機能が登載されています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:Interesting Engineering,Defense Express

M1エイブラムス戦車を改造した「M1150 ABV」


「M1150 ABV」は戦車をベースにした戦闘技術車両で、地雷原に安全な通路を作ることができる車両です。1つ目の機能は地雷鋤で、前方に取り付けられたアタッチメントにより、地面を掘り起こして地雷を除去することができます。


2つ目が、長いロープを地雷に向けて発射する地雷除去ラインランチャー。飛ばせる距離は最大90メートルです。ロープの中には798グラムの爆薬が詰まっていて、それを起爆させることによって幅8メートル、長さ100メートルのエリアの地雷を除去できます。

この車両は、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領が公開した動画で存在が確認されています。この車両が運用されるのは、米国以外ではウクライナ軍が初めてとのこと。


しかし、国や軍だけでは地雷を除去しきれないのも現状です。そこでウクライナの現地民は、引き揚げられたロシアの軍用車両の保護パネルをトラクターに取り付け、地雷除去マシンに改造しています。


このトラクターは遠隔操作が可能になっており、安全な距離から動かせるため命の危険もないとのこと。


世界のあらゆる場所が今もなお地雷で汚染されています。危険区域を迅速かつ効果的に、そして地雷除去作業員を危険にさらさないために、このような機械は必要なのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次