スマホがレジになる! Apple、日本で「iPhoneのタッチ決済」の提供開始

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

Appleは5月16日、日本国内の事業者向けに「iPhoneのタッチ決済」の提供を開始したと発表しました。

「iPhoneのタッチ決済」とは、iPhoneをクレジットカードやデビットカード、Apple Pay、その他のデジタルウォレットの決済端末として使える機能です。

iPhone本体と対応するiPhoneアプリだけで決済処理が行えるため、いままでよりも手軽に非接触決済のシステムを導入することができます。

発表されている対応アプリはGMOフィナンシャルゲート株式会社のstera tapアプリ、株式会社リクルートのAirペイタッチアプリ、Squareの Square POSレジアプリの3つです。

このほかにも今後数か月のうちにAdyenも対応する予定で、さらにApple Storeでも利用可能になるとのこと。

「iPhoneのタッチ決済」での支払いに対応しているクレジットカードはJCB、Visa、Mastercard、アメリカンエキスプレスの4種類です。一方、電子マネーは現時点で非対応になっているとのこと。

「iPhoneのタッチ決済」の利用が広まれば、いろんなお店でクレジットカード支払いが利用できるようになりそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

新着記事

マックスむらいの最新ドッキリ動画

目次