Bentoの使い方: iPhone で入力したデータを Bento for Mac で活用しよう!

Bento


Bento は FileMaker 社が開発した iPhone 用のデータベースアプリ。「データベース」と聞くと難しそうに思えますが、実はとても簡単に作って利用できます。

前回はこの iPhone 版 Bento と Mac 版の Bento for Mac を同期する方法をご紹介しました。これで iPhone で作成したデータベースが Mac にコピーできます。

そこで今回は、前々回に作ったデータベースを元に Bento for Mac を使って、毎月の出費の合計を表示させる方法をご紹介します。

以前の記事はこちらです。
Bento: iPhone で記入・検索できるデータベースが簡単に作れる!今回は支出記録帳を作ってみます。
Bentoの使い方: iPhone で作成したデータベースを Bento for Mac と同期しよう!

おすすめ iPhone アプリ

この作業には Bento for Mac が必要です

今回ご紹介する作業は iPhone 版 Bento では行えません。Mac App Store で販売されている Mac 版の Bento for Mac が必要です。
Bento(ダウンロード)


スマートコレクションを作成する

簡単に毎月の出費の合計金額を計算させるには、スマートコレクションを使います。iTunes のスマートアルバムと同様に条件に該当するデータだけを抽出してくれます。

まず、Bento for Mac を起動します。そして前回同期したデータベースを右クリックし、メニューから【新規スマートコレクション…】を選びます。

Bento


次にスマートコレクションの抽出の条件を決めます。まずは【金額】をクリック。

Bento


するといくつか条件が現れるので、その中から【日付】を選びます。

Bento


次に【日付】の隣の【今日】をクリック。

Bento


【次の値の範囲】を選びます。

Bento


範囲を指定します。例えば7月の出費の合計金額を表示させたい場合は、日付を7月1日から7月31日にします。

Bento


ウィンドウ右側の【検索】をクリックします。

Bento


すると条件に合うデータ、7月に発生した出費をリストアップしてくれます。

Bento


次にウィンドウ右下のボタンをクリック。

Bento


【金額】列の一番下をクリックします。

Bento


メニューの中から【合計】をクリック。

Bento


すると、その場所に合計金額が表示されます。これで7月の出費の合計金額が分かるようになりました。

Bento


今回作成したのはスマートコレクションなので、後から iPhone でデータを追加、Mac と同期すると自動的にここに新しいデータが追加され、合計金額も更新されます。

登録してあるデータすべての合計を表示する

登録してある、すべてのデータの合計を表示したい時は以下の手順で操作を行います。

ライブラリを選択して左上のボタンをクリックします。

Bento


次に表示された表の一番下をチェックします。ここに合計が表示されているはずです。

Bento


合計が表示されていない場合は、ウィンドウ右下のボタンをクリックして【金額】列の一番下をクリック。メニューから【合計】を選択すると、合計が表示されます。

まとめ

3回にわたって Bento と Bento for Mac の使い方の一例をご紹介しました。ご覧頂いたように、データベースという単語から想像できないほど簡単に、身の回りのデータを整理整頓して収められます。

ただ、iPhone 版の Bento では出来ないことも多く、データベースを100%活用できません。今回ご紹介したように Mac 版の Bento for Mac と併せて使っていただきたいアプリです。

身の回りにあふれるデータをすっきりと整理したい方は、Bento と Bento for Mac を併せてお試しください。

おすすめ iPhone アプリ
開発 FileMaker, Inc.
掲載時の価格 ¥450
カテゴリ 仕事効率化
容量 8.6 MB
執筆時のバージョン 1.2.1
Bento
Bento
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ