Apple『iOS 13.3.1』リリース! スクリーンタイムや位置情報の問題を修正

Appleが最新iOS『iOS 13.3.1』の配信を開始しました。

UWBによる位置情報問題を修正する『iOS 13.3.1』


AppleはiPhone・iPad向けの最新iOS『iOS 13.3.1』を1月29日に配信しました。

『iOS 13.3.1』ではスクリーンタイムのパスコードを入力しなくても連絡先を追加できる問題や、アップルがユーザーの許可なしに位置情報を取得しているように見えて騒ぎとなっていたU1超広帯域(UWB)チップの問題などが修正されています。

『iOS 13.3.1』のリリース内容

  • “通信/通話の制限”でスクリーンタイムのパスコードを入力しなくても連絡先を追加できる場合がある問題を修正
  • U1超広帯域(UWB)チップによる位置情報サービスの使用を制御するための設定を追加
  • iPhone 11またはiPhone 11 Proで撮影したDeep Fusionの写真を編集するときに短時間の遅延が生じる場合がある問題に対処
  • “メール”で“サーバ上の画像を読み込む”設定が無効になっていてもサーバ上の画像が読み込まれる場合がある問題を解決
  • “メール”で取り消す操作のダイアログが繰り返し表示される場合がある問題を修正
  • FaceTimeでワイドカメラの代わりに背面のウルトラワイドカメラが使用される場合がある問題に対処
  • Wi-Fi経由でプッシュ通知が配信されない場合がある問題を解決
  • CarPlayで特定の車両から電話をかけると音声にひずみが生じる場合がある問題に対処
  • HomePodのSiriの声にインド英語を追加

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!