eWeather HD: ウィジェット対応の天気予報アプリ。10日間予報にバッジ表示機能も!

多機能な天気予報アプリ、eWeather HD を紹介します。

eWeather HD
eWeather HD


eWeather HD では地域ごとの天気のほかに、10日間の天気予報や日の出・日の入り・月の出・月の入り時刻、月相や紫外線(UV)指数が分かります。

さらに各地の天気や海水温、気象衛星やレーダーがとらえた雲の動きを地図上に表示できるので、指定した地域やその周辺の天気もまとめてチェックできます。

iOS 8 に対応済みで、12時間分の予報を表示するウィジェットも収録。現在の気温や体感気温のバッジ表示にも対応しています。

まずは地域を設定

左:最初に地域を設定します。位置情報を使うか、地名で検索しましょう。
右:天気予報の情報源は2つから選べます。いずれも海外のサービスです。

eWeather HD
eWeather HD


47都道府県の県庁所在地は検索で該当しました。しかし、海外の気象サービスであるためか、そのほかの市区町村では検索で該当しないものもありました。

天気・日の出・月相・UV指数が分かる

地域を設定すれば、その後はすぐに天気予報をチェックできます。ラベルや曜日などは日本語化されているので、分かりにくい部分はありません。画面下には、10日間予報が表示されます(画像は iPad 版)。

eWeather HD


eWeather HD
10日間予報で【今日】やほかの日付を選ぶと、日の出・日の入り・月の出・月の入りの時刻が分かります。さらに月相や UV 指数もチェックできます。


地図で天気をチェック

左:画面右上の地球儀をタップすると、地図モードに切り替わります。
右:海水温のほか、気象衛星やレーダーで観測された雲の動きも表示できます。

eWeather HD
eWeather HD


地震情報もチェックできる

アメリカ地質調査所やヨーロッパ地中海地震学センターのデータを元に、発生した地震の情報をチェックできます。震源の位置は地図に表示されます。

eWeather HD
eWeather HD


天気予報ウィジェット

eWeather HD
通知センターの【今日】に、12時間分の天気予報を表示するウィジェットを追加できます。


左:画面右下のボタンをタップし、【オプション】>【Widget】の順に開きます。
右:天気予報を表示する地域を選びます。

eWeather HD
eWeather HD


eWeather HD
天気予報と一緒に表示するデータを【Weather data】から選びましょう。予報アイコンのデザインは3種類から選べます。


あとは通知センターを開き、ウィジェットを追加するだけです。追加方法は以下の記事で紹介しています。
【iOS 8】待望のウィジェット機能がついたぞ!! 通知センターが超便利!

バッジで気温を表示

eWeather HD はバッジによる気温表示にも対応しています。【オプション】の【アイコンの温度】で気温を表示する地域を選んだり、表示するデータを【体感気温】に切り替えたりできます。

eWeather HD


通知センターにウィジェットを追加しておけば、予定やリマインダーを確認するついでに半日分の天気予報を確認できるのが便利です。ぜひお試しください!

eWeather HD ホーム画面に天気予報・地震・気温を表示 ・開発: Elecont LLC
・掲載時の価格: ¥200
・カテゴリ: 天気
・容量: 43.2 MB
・バージョン: 3.2
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!