『iPhone 6s Plus』も感圧タッチ対応? 『iPhone 6s』と同部品を搭載か

感圧タッチ(Force Touch)用の部品なのでしょうか。

140919_cameracam - 1


流出したとされる『iPhone 6s Plus』用フロントパネルの写真を、ウェブサイト『G for Games』が紹介しています。

噂通り、タッチの強さを検知できる「感圧タッチ(Force Touch)」に対応するためと考えられる部品が見つかっています。

くわしく見ていきましょう。

感圧タッチ用の部品を搭載?

iPhone 6s Plus用とされるフロントパネルの表側です。デザインはiPhone 6 Plusと大差がないようですが、上部に飛び出ているコネクタの形は異なっているように見えます。

iPhone 6s Plus


(画像:G for Games

こちらはフロントパネルの裏側。背面に貼られている金属プレートの上部に長方形の穴が開いており、そこからチップのようなものが見えます。

iPhone 6s Plus


(画像:G for Games

iPhone 6s用とされるフロントパネルにも同じようなパーツが見つかっており、感圧タッチ(Force Touch)用の部品ではないかと考えられています。
【iPhone 6sの噂】液晶をiPhone 6と比べる動画が公開される

感圧タッチで何ができる?

通常なら何回かタップが必要な操作を、強くタップすることでショートカットできると噂されています。
【iPhone 6sの噂】関係者がForce Touch新機能を証言、強くタップで時短?

コントロールセンターから設定画面を直接開けるようになる、とする予想動画も公開されています。
【iPhone 6sの噂】『Force Touch』で便利! こんな使い方できるかも?

これまでの情報からすると、iPhone 6s/6s Plusが感圧タッチに対応する可能性は高そうです。9月9日に開催されるイベントでの発表に期待です。

参考

Alleged iPhone 6s Plus Display: Hands-On Photos – G for Games

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!