【iOS 10.1】iPhone 7のSuicaと連動する乗換案内

iOS 10.1が正式にリリースされ、Apple Payもスタートしました!
『iOS 10.1』正式公開、日本で『Apple Pay』が使える!
『iOS 10.1』の変更点まとめ
Apple PayがiPhone 6/6sでも使えるって本当?

(2016年10月26日 追記)

———

iOS 10.1


来週にもリリースされると噂の『iOS 10.1』では、マップアプリの経路検索が日本国内の鉄道にも対応することが分かりました。

ベータ版iOS 10.1で利用可能に

ウェブサイト『Ata Distance』によれば、Appleが開発者やテスト参加者に公開しているベータ版iOS 10.1で、日本国内でも乗換案内が使えるようになりました。

乗換案内の機能はマップアプリに組み込まれており、徒歩や車でのルートを検索するのと同じように、鉄道を使ったルートを検索できます。『Siri』からも利用可能です。

iOS 10.1


画像:Ata Distance

Appleの発表によれば、主要なフェリー・全国の路線バスも検索対象になります。

遅延情報も確認できるようです。

iOS 10.1


画像:Ata Distance

ただし、Ata Distanceによると地下鉄などで階が複数ある場合には、駅構内の地図データがなかったり、通路・出入口の表示がなかったりするそうです。

Appleの発表では出口・乗換も丁寧に案内するそうなので、正式リリースまでにデータが追加されるのかもしれません。

iPhone 7ではSuicaと連動

マップアプリで検索したルートの運賃が、『iPhone 7』に登録した『Suica』カードの残高を超えている場合、チャージが必要である旨を通知します。

iPhone 7にSuicaを登録してもチャージ式である点は変わらないので、この通知を受けたときはWalletアプリでチャージする必要があります。

残念ながらオートチャージの機能はないようです。

iOS 10.1の正式公開日は発表されていませんが、10月25日(火)である可能性が高いと噂されています。
iPhone 7のSuica対応でJRが臨時メンテ実施か

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!