スティーブ・ジョブズ伝説:クリスマスでも部下へ直電話「5分で対応」させた理由が心に刺さる



» スティーブ・ジョブズの働き方:「Mac」や「iPhone」で世界を変えたApple初代CEOのルーティンとは?




Appleの「伝説のCEOスティーブ・ジョブズ」は、クリスマスにも伝説を残していました。ともすれば冷徹な印象もあるジョブズの、別の姿を浮かび上がらせるエピソードの気になる詳細は以下の通り。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:Forbes ,inc ,Wikipedia

Apple元従業員が語る、スティーブ・ジョブズのクリスマス・エピソード


1998年、Appleの従業員だったレジス・マッケンナ氏は、孫たちへのプレゼントとしてAppleのiMacを5台買いました。ちなみに彼は、「Appleのマーケティングの元祖」といわれるほどの重要人物です。

中でも5歳の孫娘モリーは、iMacの箱を開けたときに「Life is good(人生は良いものだ)」と呟くほど気に入っていたそう。しかし残念ながら、モリーのiMacにはすぐに問題が発生しました。

数時間使っているうちに、ディスクドライブのドアが開かなくなってしまったのです。マッケンナ氏はiMacを購入した販売店に電話したものの「Apple社のポリシーにより、コンピューターの交換はできない」と言われ、交換には数週間かかると言われてしまいました。

当時のiMac

クリスマスプレゼントなのに、修理に数週間かかるのでは台無し。そこで、彼は直接スティーブ・ジョブズにAppleの新製品に対する返品・交換のポリシーについて尋ねるメールを送りました。

5分後、ジョブズから電話がかかってきて、販売店の名前を聞かれました。その5分後には販売店から電話があり、深く謝罪され、すぐにコンピューターを交換すると約束してくれたそうです。

「私はスティーブに、孫娘のクリスマスを幸せにしてくれたことへの感謝の気持ちをメールで伝えた」とマッケンナは振り返っています。なお、ジョブズからはすぐに「ホー、ホー、ホー」と返信が来たそうです。

別のクリスマス・エピソードとしては、1978年、ジョブズがイエス・キリストの格好をして会社のクリスマスパーティに出席したという話も。冷徹なイメージが先行しがちですが、スティーブ・ジョブズも意外とイベントごとが好きだったのかもしれません。

スティーブ・ジョブズ – Amazon

(↑)画像をタップ/クリックするとリンク先ページへ移動します

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!