次世代iMacはディスプレイが最強!リアルな予測CGにワクワクが止まりません

リークを基にした新型27インチiMacの仮想CGを、海外のデザイナーのイアン・ゼルボ氏が自身のサイトで公開しています。


*Category:テクノロジー technology|*Source:rendersbyian ,@dylandkt

ベゼルは黒。27インチiMacの仮想CG

こちらが27インチiMacの予測CG。デザインは24インチのM1搭載iMacが基調となっています。


筐体は薄く、まるで大型タブレットのよう。

背面は新型『MacBook Pro』のように豊富なポートが搭載されています。HDMIポートが搭載されているのも興味深い点です。


27インチiMacの予測CGには、ブラック、シルバーのモデルが登場。どちらもベゼルは黒という設定です。



ロゴは光らなそうですが、ブラック系の筐体はクールですね。


価格は2299ドル(約26万円)という設定。実際にありそうな見た目と価格設定なだけに、実機への期待感がマシマシです。


なお、@dylandkt氏のリークによると、次のiMac(Pro)は27インチよりも大型になり、ディスプレイはミニLEDを採用するとのこと。チップセットにはAppleシリコンのM1 Pro/M1 Maxが搭載されるとしています。

ミニLED採用のApple製ディスプレイといえば『Pro Display XDR』ですが、こちらは60万円近くする価格設定でした。同氏のリークでも次世代iMacの価格は「2000ドル以上」とされていますが、このスペックならむしろ安いとすら言えそうです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!