AppleがLightning廃止、USB-C搭載に追い込まれる裏事情



» Appleの転換点となった「iPod」その成功と衰退の歴史




iPhone 15」にはUSB-Cポートが初搭載されると、著名アナリストのミンチー・クオ氏が独自の調査からリークしています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source: ,@mingchikuo

「iPhone 15」でLightning廃止、USB-Cポートを搭載との噂


クオ氏は最新のツイートで、Appleが2023年後半に発売される予定の「iPhone 15」シリーズの全モデル、あるいは一部のモデルで、独自のLightningポートを廃止し、USB-Cに切り替えるという調査結果を明かしました。

私の最新の調査によると、2H23年の新型iPhoneはLightningポートを捨て、USB-Cポートに変更されるようです。USB-Cはハードウェア設計上、iPhoneの転送速度や充電速度を向上させる可能性がありますが、最終的な仕様の詳細はまだiOSのサポートに依存しています。

Lightning端子は「iPhone 5」以降、長らくiPhoneに採用されてきた規格です。これについてクオ氏は「Appleが2023年にLightningを捨て、USB-Cに移行することが分かった」と述べました。

同氏によれば、この情報はサプライチェーン(iPhoneの部品を作るメーカー)の調査からとのこと。「クオ氏は、USB-CによってiPhoneのデータ転送速度が向上し、充電速度も改善されると指摘しています。

ミンチー・クオ氏は長年Appleに関してのリークを続けており、高い的中率を誇るアナリストです。クオ氏は以前、Appleは「当分の間」iPhoneのLightningにこだわると述べ、理由として「USB-Cに切り替えるとAppleのMiFiビジネスに悪影響があり、防水仕様も劣る」としていました。


Appleの今回の心変わりの理由として、テック系メディア「MacRumors」は「EUからの圧力」を挙げています。

EUは、欧州で販売されるすべてのiPhone、iPad、AirPodsにUSB-Cを採用するようAppleに迫る、新たな法律を成立しようとしています。EUはすべてのスマートフォンが共通した充電器で動作することを望んでおり、Lightning規格はそれを阻む大きな問題です。

なお、Appleの「iPad」シリーズのほとんどは、カメラなどのアクセサリからの転送速度を高速化するため、すでにUSB-Cを搭載しています。iPhoneもUSB-Cに移行すれば、ファイルの転送が高速化し、数多いUSB-Cアクセサリに対応することが可能になるでしょう。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!