「お化けフォーク」で有名な千賀滉大はメジャー1年目何勝するか予想! 過去の選手の実績も!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

ソフトバンクのエース千賀滉大投手がメジャーに挑戦しますね。「お化けフォーク」で有名になった日本屈指の投手がメジャーでも通用するのか気になります。「千賀投手って実際どのくらい通用しそうなの?」「過去に誰が挑戦したっけ?」という疑問があるのではないでしょうか?

この記事では千賀投手の実力と過去に挑戦した投手を比較して、千賀投手がメジャーで何勝くらいできるのかを予想していきます。

目次

目次

千賀滉大投手がメジャー挑戦!

千賀滉大投手がメッツに移籍しましたね。これで来シーズンから、千賀投手はメジャーリーグに挑戦することになります。千賀投手の年棒はなんと5年総額7500万ドル(99億8000万円)というとんでもない金額で契約していますね。年棒に直すと20億程度ですから、昨年の年棒6億と比べても倍以上の金額です。

これを見るとメジャー挑戦がいかに夢があるかが分かりますね。しかし、大事なのはこれからで、千賀滉大投手がメジャーの強打者たちを相手にどれほど通用するかが楽しみです。

千賀滉大はメジャーで通用する?

まずは千賀投手がメジャーでどれくらい通用するのか?千賀投手の選手としての特徴や、これまでの成績を比較して考察しましょう。

千賀投手の特徴

千賀滉大投手とはどんな特徴を持った投手なのでしょうか?まずは体つきですが、身長185㎝体重91㎏ということです。日本の一般人からすると十分に恵まれている体格ですが、メジャーリーグ基準で考えると平均を下回っています。しかし、そこまで気にするレベルでないので安心してください。

さて、次に投手としての能力ですが、メジャーで通用するか判断しやすいのは基準は以下の通り。

・球速
・球種
・制球力
・決め球

このあたりを見ればおおよそ通用するかは判断できるでしょう。千賀選手の最速は164キロでこれはメジャーでも球威のある部類です。平均球速も155キロでメジャーの平均球速152キロより早いので自慢のまっすぐは十分通用する基準と言えます。

続いて球種と決め球です。千賀投手の球種は主に4つで、直球、フォーク、スライダー、カットボールを使っています。それ以外にもカーブやシンカーもありますが、ほとんど投げない球種です。

また決め球ですが、これは「お化けフォーク」と呼ばれるほどフォークに自信があります。つまり、今のところボールの威力は十分メジャーで通用するレベルだとわかりますね。

千賀投手の実績

千賀投手はここ数年ソフトバンクのエースとして活躍してきました。育成選手からここまでの活躍をした選手は初めてではないでしょうか。通算成績は87勝44敗防御率2.59と素晴らしい成績を残しています。さらにノーヒットノーランや、日本人投手歴代2位の164キロという球速など、印象に強い結果も多く出していますよね。

日本代表での投球でもお化けフォークと騒がれ、メジャー選手相手に一歩も引けを取らない投球をしていました。以上のように、千賀投手の球速とフォークがあれば、メジャーリーグで通用しない。ということはおそらく考えにくいでしょう。

過去にメジャーに挑戦した日本人投手を紹介

千賀投手がメジャーで挑戦するうえで確認したいのは過去にメジャーに挑戦した日本人投手です。一覧を見てみましょう。

・大谷翔平
・菊池雄星
・ダルビッシュ有
・前田健太
・有原航平
・五十嵐亮太
・井川慶
・石井一久
・伊良部秀樹
・岩隈久志
・上原浩治
・大家友和
・大塚昌則
・岡島秀樹
・木田優夫
・黒田博樹
・桑田真澄
・小林雅英
・小宮山悟
・斎藤隆
・佐々木主浩
・高津臣吾
・高橋健
・高橋尚成
・田澤純一
・多田野数人
・建山義紀
・田中将大
・野茂英雄
・長谷川茂利
・平野佳寿
・藤川球児
・牧田和久
・松坂大輔
・マック鈴木
・村上雅則
・村田徹
・藪恵壹
・薮田安彦
・山口俊
・吉井理人
・和田毅

と実は日本人投手はかなりの人数が挑戦しています。この中で、今の千賀投手と投球の印象が似ているのは、野茂英雄投手と佐々木投手ではないでしょうか。

この二人と千賀投手はいずれも直球が早くて、フォークが決め球という点です。千賀選手が来季メジャーで先発かリリーフかどちらになるのかわかりませんが、おそらく先発ということを考えると、野茂投手尾成績は参考になるかもしれません。

千賀滉大はメジャーで何勝する?

千賀選手はメジャーで何勝するのでしょうか?目安として、メジャー一年目の野茂英雄投手の成績を参考にしたいと思います。理由としては野茂選手の投手としての特徴が千賀選手と似ているからです。どちらも直球とフォークが主体の投手ということで参考にしていきます。

まず日本最終年の成績は、野茂選手が17試合登板で8勝7敗防御率3.63。千賀投手が22試合登板で11勝6敗防御率1.94。けがなど離脱を考慮に入れないと千賀投手の方が良い成績ですね。

そしてもの投手のメジャー一年目の成績が13勝6敗防御率2.54奪三振236完封3。というとんでもない成績をたたき出していますね。

おそらく完封や奪三振で上回るのは難しいと思いますが、千賀投手には野茂投手を超えてほしいと思います。

予想としては勝ち星は15勝を上げたら、もう本当に素晴らしい成績ではないでしょうか。今期のダルビッシュ投手と大谷投手を見ても15勝のむずしさはわかりますが、なんとが千賀投手に達成してほしい勝利数ですよね!

活躍は十分できると思います!がんばれ千賀投手、目指せ野茂投手越え!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次