Apple Watchそっくり。Google「Pixel Watch 2」の新ウォッチフェイス4つがリーク

10月に発表される見込みのGoogle「Pixel Watch 2」のウォッチフェイスを、Android専門メディア「Android Authority」がリークしています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:Android Authority ,9to5Google

「Pixel Watch 2」の新たな文字盤4つがリークされる


「Android Authority」が投稿したスクリーンショットでは、「Pixel Watch 2」とともにデビューすると思われる4つの新しいウォッチフェイス「アクセシブル」「アーク」「ボールド・デジタル」「アナログ・ボールド」がリークされています。

まず1つ目が、シンプルな「アクセシブル」。その名の通り、読みやすく大きく時間が表示されており、その他の情報などもシンプルに表示されます。


一方、「アーク」はアナログ式の時間表示で、複数の情報が表示できるデザインになっており、リークを取り上げたテックメディア「9to5Google」は「Apple Watch的な見た目」だと指摘しています。


「ボールド・デジタル」と「アナログ・ボールド」は、より大きく数字が表示されたポップなデザインが特徴的です。「9to5Google」によれば、「Android 14のロック画面にマッチしている」とのこと。


これらのウォッチフェイスは、Wear OS4のデザインフレームワークである「Material You」とマッチするものとなっており、おそらく新バンドともマッチするものとなっているはずです。なお「Android Authority」によれば、これらのウォッチフェイスは「Pixel Watch 2」限定になるとのこと。

一方で、「Pixel Watch 2」の本体デザインについては、前モデルと変わらないという見方が有力です。しかし、チップセットについては大幅なアップグレードが予測されており、動作やバッテリーもちなどについては改善が見られるかもしれません。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す