【噂まとめ】iPhone 6s・iPad Pro・iPad mini 4・Apple TVの姿とは?

発表イベントまであと少し!

iPhone 6s


(画像:Apple

Appleのスペシャルイベントが9月10日(木)の午前2時から始まります。イベントの内容は未発表ですが、『iPhone 6s』や新しいiPad・Apple TVが登場する見込みです。

そこで、今回のイベントで発表される可能性が高いApple製品の噂をまとめてご紹介します。これまでの噂を振り返ってみましょう。

目次

iPhone 6s・iPhone 6s Plus

デザイン

iPhone 6sと『iPhone 6s Plus』のデザインは、iPhone 6/6 Plusと同じものになると考えられています。

流出したとされるiPhone 6sのパーツからも、iPhone 6からデザインに変更はないことが判明しています。
iPhone 6sのボディが流出か。気になるサイズ・新機能の兆候は?

iPhone 6s


(画像:9to5Mac

ボディの素材は変わるようです。7,000シリーズのアルミニウムで強度を高め、曲げる力に弱かった部分が補強されています。
一足早く『iPhone 6s』の強度テストが実施される、気になる結果は?

iPhone 6s


(画像:YouTube

そのためか、iPhone 6s/6s Plus本体のサイズがわずかに大きくなるとされます。以下の表はiPhone 6sとiPhone 6のサイズを比べたものです。

iPhone 6s iPhone 6
厚さ 7.08ミリ 6.9ミリ
高さ 138.19ミリ 138.1ミリ
67.68ミリ 67.0ミリ

iPhone 6/6 Plusで新色は追加されませんでしたが、iPhone 6s/6s Plusでは「ローズゴールド」なる色が追加されるようです。

以下の画像はローズゴールドの予想図です。下から2番目のiPhoneの色がローズゴールドと思われます。

iPhone 6s


(画像:9to5Mac

性能

これまでの噂をもとに、iPhone 6sの仕様を表にまとめました。iPhone 6s Plusは情報が少なく、iPhone 6sと画面サイズ以外の違いがあるのかは不明です。

iPhone 6s iPhone 6
プロセッサ A9? A8
システムメモリ 2GB? 1GB
感圧タッチ対応 ◯? ×
iSightカメラ 1,200万画素?
4Kビデオ撮影?
800万画素
1080pビデオ撮影
FaceTimeカメラ 500万画素?
パノラマ撮影?
スローモーション撮影?
120万画素
LTE通信 最大受信速度300Mbps? 最大受信速度150Mbps

iPhone 6sの目玉とも言える感圧タッチ(Force Touch)は、『3Dタッチディスプレイ』という名前になるようです。

「タップ」・「プレス(押す)」・「ディーププレス(深く押す)」という3段階の強さを検知できるようになると言われています。
『iPhone 6s』は感圧タッチが進化!? 「ディーププレス」が加わり押す強さを3段階で識別できる

3Dタッチディスプレイは、たとえば強く押すとリンク先のウェブページをプレビュー表示するなど、iPhoneに新たな操作を盛り込むために使われるようです。
【iPhone 6sの噂】関係者がForce Touch新機能を証言、強くタップで時短?

iPhone 6s/6s Plusのディスプレイ解像度は、iPhone 6/6 Plusよりも高くなるとの噂もあります。
『iPhone 6s/6s Plus』はディスプレイ解像度が向上? 否定的な意見も

電源に接続していない状態でも、「Hey Siri」でSiriを起動できるようになるかもしれません。現在、Hey Siriの機能は電源に接続していないと使えません。
『iPhone 6s』はいつでも声でSiriを起動できる? 専用チップを搭載か

容量・価格

ストレージ容量は16GB・64GB・128GBとなり、iPhone 6と同じ3つのモデルが用意されるようです。

価格についてもiPhone 6と変わらないと噂されています。販売中のiPhone 6(SIMフリーモデル)の価格は以下の通りです。

  • 16GBモデル:86,800円
  • 64GBモデル:98,800円
  • 128GBモデル:110,800円

iPad mini 4

ipadmini3 - 12


販売中のiPad Air 2を小さくしたのが『iPad mini 4』だと考えられています。iPad mini 4の特徴は以下の通りです。

iPad mini 4 iPad mini 3
厚さ 6.1ミリ? 7.5ミリ
プロセッサ A8? A7
システムメモリ 2GB? 1GB
iSightカメラ 800万画素? 500万画素
FaceTimeカメラ 120万画素? 120万画素

販売中のiPad mini 3ではiOS 9のマルチタスク機能をフル活用できませんが、iPad mini 4では2つのアプリを同時に表示し、いつでも使えると噂されています。
新CPU搭載『iPad mini 4』発売は確実? 次期OS Xでデータ見つかる

iPad Pro

『iPad Pro』はiPad Air 2よりも大型のiPadと噂されており、その名前通りにプロフェッショナル向けの製品になると考えられています。

これまでの噂をもとにiPad Proの特徴をまとめました。

iPad Pro iPad Air 2 iPad mini 3
容量 32/64/128GB? 16/64/128GB
液晶サイズ 12.9インチ? 9.7インチ 7.9インチ
解像度 2,732×2,048ピクセル? 2,048×1,536ピクセル
感圧タッチ対応 ◯? × ×
プロセッサ A9X? A8X A7
スピーカー 4個? 2個
ポート Lightningポートのみ? Lightningポート
カラー シルバー・ゴールド・スペースグレイ? シルバー・ゴールド・スペースグレイ
Wi-Fi + Cellularモデル ◯?

iPad ProはiOS 9のマルチタスク機能「Split View」に対応し、2つのアプリをフルサイズで同時に表示していつでも使えると噂されています。

ウェブサイト『9to5Mac』によると、Wi-Fiモデルの価格は32GBで799ドル(約96,300円)、64GBで899ドル(約108,300円)、128GBで999ドル(約120,400円)になるようです。

Wi-Fi + Cellularモデルは、Wi-Fiモデルの価格に130ドル(約15,700円)を加えた額になるとされています。たとえば128GBモデルなら1,129ドル(約136,000円)です。

このほか、AppleがiPad Pro向けにタッチペンやキーボードを開発しているとの噂もあります。いずれもiPad Proには付属せず、別売りとなるようです。

第4世代Apple TV

これまでのApple TVと異なるのは、App StoreとSiriへの対応です。

hirukan Apple TV - 4


App Storeに対応することで特にゲームを中心としたアプリが使えるようになり、Siriに対応することで映画や曲などのコンテンツを探しやすくなります。

Apple TVのリモコンであるApple Remoteにはタッチパッドが搭載され、Siri用のマイク・操作に使うモーションセンサーも盛り込まれると噂されています。Bluetoothで接続する、ゲームコントローラにも対応するようです。
新型Apple TVには『Wii』風のモーションセンサー内蔵リモコンが付属?

噂されている、このほかの特徴は以下の通りです。

第4世代Apple TV 第3世代Apple TV
プロセッサ A8? A5
システムメモリ 1GB? 512MB
ストレージ 8GB・16GB? 8GB
価格 149ドル(約18,000円)〜199ドル(約24,000円)? 69ドル(日本では8,200円)

Apple Watch

Apple Watch Sportに、新しい素材を使ったゴールドモデルが追加されるかもしれません。18金を使ったApple Watch Editionは128万円からですが、販売中のApple Watch Sportは42,800円〜48,800円です。

150706_power - 7


Apple Watch Sport向けに新しい色のバンドも登場すると噂されています。

発表速報はAppBankでチェック

発表イベントは日本時間で9月10日(木)の午前2時から始まります。こちらのページで発表内容を順次紹介していきますので、一緒に楽しみましょう!
Apple新製品発表イベントをリアルタイムレポートします! [9/10 2:00~]

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!