インテルのゲーマー向けGPU「Arc」はAMDやNVIDIAに勝てるのか?

AMDやNVIDIAに対抗し、インテルが2022年初頭に発売する次世代GPU「Arc」シリーズに関するリークが登場しています。


*Category:テクノロジー technology|*Source:Moore’s Law Is Dead ,wccftech

エントリーモデルに注目。インテルの次世代GPU「Arc」


インテルは現在、ゲーマーやクリエイター向けの新たなディスクリートGPU「Arc」シリーズを準備しています。このシリーズのライバルとしては、NVIDIAの「Geforce RTX」シリーズや、AMDの「Radeon」シリーズなどが挙げられます。

このArcに関するリークとして、GPUダイである512 EUと128 EUチップの実物写真をMoore’s Law is Dead氏が投稿しました。


テック系メディアwccftechによれば、512 EUのサイズは約396.2平方ミリメートル。512 EUを搭載したGPUは、NVIDIAの「GeForce RTX 3070(Ti)」や「AMD Radeon RX 6700 XT」と競合することになるとのこと。

512EUを搭載した最上位モデルは、約2.2~2.5GHzのクロックを搭載することが示唆されています。このGPUは最大18.5TFLOPsのFP32演算を行うことができ、「RX 6700 XT」よりも40%高く、「NVIDIA RTX 3070」よりも9%低い性能になるそうです。


デスクトップ向けの512 EU搭載GPUのラインナップ全体としては、最上位モデルが「RTX 3070/RTX 3070 Ti」に、ミドルモデルが「RTX 3060/RTX 3060 Ti」に対抗する製品になるとされています。

さらに、エントリーモデル(128 EU搭載)の性能は、NVIDIAの「GeForce GTX 1650」と「GTX 1650 SUPER」の中間程度の性能になるとのこと。加えて、レイトレーシング機能を備えているようです。

注目すべきはこのエントリーモデルが、現状のNVIDIAやAMDの新製品にはない価格帯になる可能性があるという点です。現世代のデスクトップ向けGPUでは、250ドル(約3万円)以下のモデルがなく、ゲーミングPCへの敷居が高くなっていました。

この状況において、Arc GPUのエントリーモデルは「比較的安く、ある程度のゲームが楽しめるGPU」として唯一の立場を確立しそうです。リークを見る限り、性能面でNVIDIAに勝つことは難しいようですが、価格と供給量次第ではインテルがゲーマー向けGPU市場に存在感を見せることは間違いないでしょう。


\ 最新記事 /

打倒サムスン。Appleの縦折りスマホ「iPhone Air」の仮想CG2022/12/03 17:48
打倒サムスン。Appleの縦折りスマホ「iPhone Air」の仮想CG
イーロン・マスクはどんな上司?テスラ幹部の答えが意外2022/12/03 11:48
イーロン・マスクはどんな上司?テスラ幹部の答えが意外
600億円でAppleが開発した「人工衛星SOS」で呼ばれた救助隊が驚愕した理由2022/12/02 17:48
600億円でAppleが開発した「人工衛星SOS」で呼ばれた救助隊が驚愕した理由
最新iPhone 14 Proを「サムスンふう」に魔改造→Appleファンからは大不評2022/12/02 11:48
最新iPhone 14 Proを「サムスンふう」に魔改造→Appleファンからは大不評
【W杯】AIが10万試合超を分析、日本が一次リーグを突破する確率は? #サッカーワールドカップ2022/12/02 07:15
【W杯】AIが10万試合超を分析、日本が一次リーグを突破する確率は? #サッカーワールドカップ
Amazonさん、やらかしてない!?  あきらかに割引率がおかしい商品がブラックフライデー・セールにあるよ…!!2022/12/01 20:11
Amazonさん、やらかしてない!? あきらかに割引率がおかしい商品がブラックフライデー・セールにあるよ…!!
元Appleの天才エンジニアが開発する「iPhoneの時代を終わらせる」まったく新しいウェアラブル製品2022/12/01 17:48
元Appleの天才エンジニアが開発する「iPhoneの時代を終わらせる」まったく新しいウェアラブル製品


※収益化について:本サイトに記載されたアフィリエイトリンクを経由して商品の購入などが行われた場合、売り上げの一部が製作者に還元されることがあります。※免責事項:この記事はテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。掲載情報によって起きた直接的及び間接的損害に関して、筆者・編集者並びにAppBank 株式会社は責任を負いません。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!