【サッカー】Jリーグが秋春制を検討中!アルビレックス新潟が反対する理由とは?

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

Jリーグは、春に開幕し秋に閉幕するシーズンから、ヨーロッパなどで導入されている、秋に開幕し春に閉幕するシーズンへと移行する検討をしているとのこと。このシーズン以降には、多くのメリットがあると言われています。ですが、乗り越える事が難しいデメリットもあり、アルビレックス新潟の社長である中野幸夫氏は、反対の意思を示しているとのこと。なぜ、アルビレックス新潟の中野幸夫社長は、反対の意向を示しているのか、解説していきます。

目次

目次

Jリーグが秋春制の導入を検討している?

Jリーグは、2026年から秋春制に変更する旨を、検討しているとのこと。現在の1シーズンは、2月の下旬に開幕し、12月に閉幕。これを、8月に開幕し、5月に閉幕するヨーロッパリーグのスタイルに合わせようとしているとのこと。近年、夏の平均気温が上昇しており、選手達のパフォーマンス能力も低下。

そういった要因もあり、今回の秋春制の導入を検討しているとのこと。ですが、秋春制に適さない地域などもあり、さまざまな問題を抱えています。年内中には、導入の有無が決定すると言われていますが、一体どんな結論になるのか、今後の動向から目が離せません。

秋春制のメリットを解説!

Jリーグが導入を検討している秋冬制には、いくつかメリットがあるとのこと。メリットは、真夏を回避できる事・シーズン中の戦力ダウンの回避です。現行の春秋制の場合、シーズンの最中に真夏の猛暑日に当たり、選手のコンディション低下を招いています。この期間に、試合を開催するのは、適さないと言われており、時期の移行を検討し始めたのかもしれません。

そして、今回の制度の1番のメリットは、主力選手をシーズン途中で放出するリスクが無くなることです。ヨーロッパリーグが秋春制の為、シーズンオフの時期が日本と異なります。その為、主力選手はヨーロッパ移籍を夏にする傾向が多く、抜けた穴を塞ぐのが、難しい状況に陥るとのこと。ですが、ヨーロッパリーグと揃えることで、移籍できるシーズンオフが被る為、主力選手をシーズン途中で放出するリスクが無くなり、チームの戦力をキープできます。

デメリットは、雪国の地域のクラブが不利になる!

Jリークが秋春制を導入する方向で動いていますが、雪国の地域からは、反対の意向が強いとのこと。雪国の地域の場合、12月から2月にかけて、大雪と呼ばれる量の雪が降る為、練習場や各チームのメインスタジアムが雪で覆われてしまい、練習どころではないとのこと。

その為、開催が困難な点や、室内での練習環境が整っていないチームもある為、調整に差が出てしまい公平な戦いができないと言われていますね。このような問題点をJリーグがどのような解決策で対応していくのか、今後の対応に注目が集まっています。

その中でもアルビレックス新潟の中野幸夫社長は反対の意向が強い!

Jリーグの秋春制導入に対して、特に強い反発を示しているのは、アルビレックス新潟の中野幸夫社長です。中野幸夫社長は、現行の春秋制からの移行には、多くの課題が残っているとして、一貫して反対意見を述べています。

雪が降らない地域の方からすると、理解するのが難しい案件ということは承知の上で、できる事と出来ない事をはっきりと主張し、反対の意向を示していくとのこと。果たして、Jリーグは、このようなクラブの意向に対して、どのような結論を出していくのか、注目していきましょう。

アルビレックス新潟の中野幸夫社長が秋春制に反対しているのには、いくつかの要因があるとのこと。その要因は、雪の問題とスタジアムのスケジュール調整です。新潟は、日本の中でもかなりの大雪が降る地域の為、スタジアムの使用が困難になるとのこと。また、他地域での開催が増えると、アルビレックス新潟のサポーターの負担が増えてしまい、応援に行くのが大変になってしまいます。

そして、アルビレックス新潟の本拠地であるデンカビックスワンスタジアムは、他の競技での使用もある為、秋春制に変わってしまうと、スケジュールの調整が困難になるとのこと。サッカー以外の利用用途がある場合、他の競技の日程調整にも関与してきてしまい、ホームでの試合数が減少してしまい、サポーターの応援が少ない状態での戦いが予想されるとのこと。この事態を避ける為に、アルビレックス新潟の中野幸夫社長は、秋春制の導入に反対の意思を示しています。

まとめ

今回は、Jリーグが2026年の導入に向けて動いている秋春制への移行について、解説しました。年内中には、意向を決定すると言われていますが、アルビレックス新潟のような雪国の地域のクラブからは、反対の意見が強いとのこと。

雪による練習環境の整備やスタジアムの使用問題など山積みになっている問題をJリーグは、どのように改善していくのか、今後の動向から目が離せません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次