【神機能】iOS 9の『広告ブロック』を使う方法。Safariが快適すぎて泣ける

広告ブロックでサクサクネットライフ。

※ 9月17日20:45追記:こちら有料アプリになりました。

2015_09011_bomber - 1 (1)


iOS 9で実装された「コンテンツブロック機能」は、SafariでWebブラウズ時にページ中の広告などを非表示にしてくれる機能です。ただし、iOS 9にアップデートしただけでは機能は使えません。

コンテンツブロック機能を搭載したアプリをインストールし、設定にて機能を有効にする必要があります。それでは早速設定していきましょう。

※iPhone5sより古いモデルだと利用できないので注意してください。
誰でも広告ブロックができるアプリ→ iOS 9にしなくても広告ブロックができるアプリ知ってる?

コンテンツブロック機能に対応したアプリのまとめページはこちら!
iPhoneのSafariで広告をブロックする『コンテンツブロッカー』まとめ(随時更新)

アップデートする前にバックアップを取っておきましょう。
【2015年版】iPhoneのデータをiTunesでバックアップする方法

広告ブロック機能の使い方

コンテンツブロック機能を搭載したアプリはいくつかあります。今回はその一つの「Crystal」というアプリをインストールして設定していきます。

2015_09011_bomber - 1
インストールしたCrystalを起動すると、設定の手順が書いてあるのでその通りに進めていきましょう。


2015_09011_bomber - 2
はじめに設定アプリを開き、「Safari」をタップしましょう。


2015_09011_bomber - 3
ポックアップブロックの下に新しく「コンテンツブロッカー」が追加されているのでタップします。


2015_09011_bomber - 4
コンテンツブロッカーの中に「Crystal」があるので有効にします。これで広告ブロック機能が有効となりました。


広告を非表示にすることにより、データ通信量を大幅に削減・サイト表示が高速になるなどメリットしかありません。

iOS 9にアップデートした場合は必ず設定しておきましょう!

他のコンテンツブロッカーや便利アプリのまとめはこちらから!

他のコンテンツブロッカーや便利アプリをまとめてご紹介しています。ぜひご覧ください。

iPhoneのSafariで広告をブロックする『コンテンツブロッカー』まとめ

便利アプリまとめページ

Crystal - Block Ads, Browse Faster. ・販売元: Dean Murphy
・掲載時のDL価格: ¥120
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 2.6 MB
・バージョン: 1.0.1
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ