Facebookの使い方。第9回: Facebookのプライバシー設定が簡単になった!情報を公開しすぎてないか、改めて確認しよう!

Hi, Toshismです。

先日、Facebookはプライバシーの設定方法を大きく変更しました!シンプル化され、誰でもすぐに設定できるものになりました。

Facebookは実名文化であるため、プライバシーは公開し過ぎると危険です。そのため、以前こちら→「Facebookの使い方。第4回: 情報の公開には気を使おう。プライバシーの設定方法はコレ!」の記事を書きました。

しかし・・・当時のプライバシー設定項目は50を超えており、設定が難しい状況でした。そこで、Facebookはプライバシー設定をシンプル化することに踏み切ったようです。

今回の記事では、この「新しいプライバシー設定」の設定方法を解説します!!早速ご覧下さい!1・2分で設定できてしまいますよ!

Appbankは友達を常に募集してます!!→Facebookの使い方。第1回

早速ログインして、右上の「アカウント」から「プライバシー設定」を選択しましょう。

facebookpr


すると、以下のようなプライバシー設定確認画面が表示されます。「生年月日」など9項目について、「すべてのユーザー」〜「その他」までの4段階でプライバシーの公開状況が表示されます。

facebookpr


設定のパターンは5つ、「全てのユーザー」「友達の友達」「友達のみ」「推奨」そして「カスタマイズ」の5つ。「推奨」ですと、若干情報を公開し過ぎていますので、「カスタマイズ」を選択し、「設定をカスタマイズ」をクリックして微調整をしていきましょう。

facebookpr


カスタマイズで設定できる項目は全部で17個(+写真アルバムの設定)!

基本的には下記に示したように設定するのが無難です。あまり自分の情報を公に出したくないという想いが強い方は「すべてのユーザー」を「友達の友達」に変更すると良いでしょう。

facebookpr


残りの項目はこちらの通り。連絡先情報、特に「携帯電話番号」と「住所」は特に気を付けましょう!

facebookpr


そして最後に「既存の写真アルバムのプライバシーを編集」。これは、自分がFacebookにアップロードしている写真アルバムを誰が見られるかを設定できる機能です。友人が写っているアルバムは、あまり公開しないようにすると良いでしょう。

facebookpr


以上です!

以前の設定と比べると、かなり簡単になりました。これで「実はプライバシー設定に見逃しがあって、情報が外に漏れてたー」なんてこともなくなりそうです。安心ですね。

関連記事もご覧下さい!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ