【最新!】マッチングアプリキャンペーン一覧

マッチングアプリで会う約束のコツとは?注意点と断られた時の対処法

マッチングアプリで会う約束のコツとは?注意点と断られた時の対処法

「マッチングアプリで会う約束をするタイミングがわからない…」

「デートに誘うタイミングが知りたい…」

上記のような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

マッチングアプリで出会った人と会う約束をするのは、恋愛成就への第一歩です。

しかし、いざ誘おうとすると、何を言っていいかわからなかったり、断られたらどうしようと不安になったりするものです。

仲良くはなれたけど、いつデートに誘えば成功するかタイミングがわからない方も多いでしょう。

そこで、今回はマッチングアプリで出会った方と会う約束をするタイミングとポイント、断られた際の対処法を解説していきます。マッチングアプリを始めたけどデートができないという方は参考にしてください。

会員数が多いとマッチングはできるけど、デートとなると難しいよね!

あおい

レン

基本的なデートの約束の仕方を身につけて気になる子と仲良くなろう!
この記事をまとめると…
  • マッチングアプリでデートするには親睦を深めるのが大切!
  • 基本的にデートするまでの流れ
  • お互いに熱があるタイミングで提案する
  • 相手に合わせたデートプランを考えよう
  • 2,000万人以上登録しているペアーズがおすすめ!
ペアーズ
人気マッチングアプリ「ペアーズ(Pairs)」の公式サイトキャプチャ
  • 運営会社:株式会社エウレカ
  • 2,000万人以上が登録するマッチングアプリ
  • 雑誌やTVでも取り上げられる人気アプリ
  • 月に13,000人以上に恋人ができており、国内最大級
  • 平均4ヶ月で恋人ができている
  • 24時間365日監視体制のある、安心の運営体制
  • 同じ趣味や価値観の相手を簡単に探せる「マイタグ機能」
会員数 年齢層 目的
2,000万人以上 20代~30代半ば 恋活・婚活
月額料金
男性:3,700円/月〜 女性:無料

\国内最多!会員数2,000万人超え/

マッチングアプリで会う約束をするタイミング

マッチングアプリで会う約束をするタイミング

マッチングアプリで会う約束をするタイミングは、一般的に1週間から2週間程度と言われています。


マッチングしたばかりの段階では、お互いのことをまだよく知らないため、会う約束をしても、断られる可能性が高いです。そのため、まずはメッセージのやり取りを十分にして、お互いの人となりを知っておく必要があります。


メッセージのやり取りを十分にして、お互いに好意を持っていることが確認できたら、自然な流れで会う約束を誘うのがおすすめです。

メッセージをやり取りする目安は10通以上です。

10通メールを交換すると相手の人となりをある程度把握することができます。相手の価値観や趣味、仕事などについて質問して、共通点や興味のあることを見つけましょう。

また、相手の性格や好みを把握しておくことで、会う約束の際に、より適切なデートプランを立てることができます。

マッチしてからあまりにも期間が空いてしまうと、相手に警戒心を与えてしまう可能性があります。

メッセージのやりとりが長引くと、熱が冷めてしまう可能性があるため、できるだけ相手の性格を知り早めにアクションをかけましょう。

マッチングアプリで会う約束をする際のポイント

マッチングアプリで会う約束をする際のポイント

マッチングアプリで会う約束を成功させるためには、会うポイントを押さえることが大切です。

ここでは、会うポイントについて詳しく説明します。

メッセージのやりとりで親睦を深める

会う約束をする前に、メッセージのやり取りを十分にしておきましょう。

メッセージのやり取りを通して、相手の人となりや価値観などをある程度把握しておくことで、会ったときにスムーズに会話が弾みます。

具体的には、以下の内容についてやり取りしておくとよいでしょう。

  • 趣味や好きなこと
  • 仕事や職業
  • 休日の過ごし方
  • 恋愛観や結婚観

また、相手のプロフィールをよく読み込んで、共通点や興味のある話題を見つけておくことも大切です。

メッセージのやり取りで親睦を深め、相手に「この人と会うと楽しそう…」という印象を持ってもらいましょう。

候補日を2つ提示する

候補日を1つだけ提案すると、相手の都合が悪い場合、会う約束を断る可能性が高いです。候補日を2つ提案することで、相手は自分の都合に合わせて、どちらかの日程を選べます。

相手の仕事やプライベートの予定によっては、どうしても会う日程が合わない場合があります。候補日を2つ提案することで、そのような場合にも、会う約束を成立させる可能性が高まるので提示するのがおすすめです。

具体的には、以下のようにして候補日を2つ提案すると良いでしょう。

メッセージ例

〇〇さん、いつもメッセージありがとうございます。

メッセージのやり取りで、〇〇さんの〇〇なところがとても魅力的だなと感じています。

お会いして、もっと〇〇さんのことを知りたいと思い、〇〇日か〇〇日に〇〇で食事でもいかがですか?

もし、ご都合が合わないようでしたら、ご遠慮なくおっしゃってください。

それでは、ご連絡お待ちしております。

このように、相手に会いたい気持ちを伝えつつ、候補日を2つ提案することで、相手に好印象を与えることができます。

会う日時は先過ぎない

会う日が先過ぎると、相手が忘れてしまったり、予定が合わなくなってしまったりする可能性高いです。また、相手が他の人と会う約束をしていて、その予定と重なってしまうかもしれません。

会う日が先過ぎると、メッセージのやりとりが長引いてしまい、なかったことになるケースがほとんどです。また、相手が他の人と出会って、そちらに気持ちが移ってしまう可能性もあります。

会う場所は静かなカフェを避ける

静かな場所だと、会話が弾まず、気まずい雰囲気になってしまう可能性があります。初対面の方とデートをする際に、沈黙になると気まずくなってしまい失敗に終わるケースが多いです。

また、初回のデートは、相手をよく知りたいと思う気持ちが強いため、周囲の目を気にしすぎる可能性があります。静かな場所だと、周囲の目が気になり会話がうまくいかないのでできるだけ避けるようにしましょう。

デートプランは相手に合わせる

相手に合わせたデートプランを提案することで、相手に好印象を与えることができます。相手が好きな場所や、興味のあることに触れられるデートプランを提案することで、相手は「自分をよく理解してくれている」と感じ、好意を抱きやすくなります。

相手が興味のあることに触れられるデートプランであれば、相手は会話が弾み、楽しく過ごせます。また、相手が安心して過ごせるデートプランであれば、相手もリラックスして、素を知れる状態になるのでより良い関係を築きあげられるでしょう。

マッチングアプリで会う約束を取り付ける定番パターン4選

この項目では、マッチングアプリで会う約束を取り付けやすい定番パターンを4つ紹介します。

マッチングアプリでなかなか会う約束ができない方は、ぜひ参考にしてください。

理由をつけず、シンプルに「会いませんか?」と誘う

もっともシンプルな方法は、理由をつけずに「会いませんか?」と誘う方法です。この方法は、相手にプレッシャーを与えずに、気軽に会えるというメリットがあります。

ただし、相手が警戒心を抱いている場合や、まだメッセージのやり取りが十分にできていない場合は、断られる可能性もあります。

自身の状況に応じて、シンプルに誘うべきか判断しましょう。

共通の趣味をきっかけにする

メッセージのやり取りの中で、共通の趣味が見つかったら、それをきっかけに会う約束をしましょう。例えば、映画が好きなら「今公開されているあの映画、一緒に見に行きませんか?」などと誘うとよいでしょう。

共通の趣味であれば、会話も盛り上がりやすく、デートも成功しやすくなります。

なお、マッチした相手となかなか趣味の話題にならない方は、自分の趣味から話を広げる方法も選択肢の1つです。

食事・相手の好きな食べ物を理由に誘う

相手のプロフィールやメッセージのやり取りの中で、好きな食べ物や飲み物を見つけたら、それをきっかけに会う約束をしましょう。例えば、ラーメンが好きなら「最近、おいしいラーメン屋さんを見つけたんです。一緒に行きませんか?」などと誘うとよいでしょう。

食事や飲み物は、会話のきっかけになりやすく、初デートにもぴったりです。

異性とのやり取りに慣れていない方でも、食事デートであればその後の関係進展も期待できるでしょう。

ビデオ通話に誘う

まだ直接会うのは不安という場合は、ビデオ通話に誘ってみる方法がおすすめです。ビデオ通話であれば、相手の雰囲気や話し方などを直接知ることができます。

ビデオ通話で意気投合したら、後日直接会う約束を取り付けるのもよいでしょう。

相手と会う勇気がない方や、メッセージのやり取りをしていて会うハードルが高そうだと感じた方は、ビデオ通話で相手との距離を縮めましょう。

マッチングアプリで会う約束をする際の注意点

この項目では、マッチングアプリで会う約束をする際の注意点を以下3つ紹介します。

  • 夜遅い時間に会うのはダメ
  • できるだけ近日中に会う
  • メッセージを送るタイミングを見極める

それぞれ詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

夜遅い時間に会うのはダメ

夜遅い時間に会うのは、相手に警戒心を与えたり、犯罪に巻き込まれたりするリスクが高まるため、避けるべきです。

マッチングアプリで知り合った相手とは、まずは明るい時間帯に、人通りの多い場所で会うようにしましょう。

なお、相手の仕事やプライベートの事情で夜しか会えない場合、カフェなどの人が多いデートスポットを提案することをおすすめします。

できるだけ近日中に会う

会う約束をする場合、できるだけ近日中に会うようにしましょう。先延ばしにすると、相手が忘れてしまったり、他の予定が入っていたりする可能性があります。

マッチングアプリで知り合った相手とは、マッチングしてから1週間以内を目安に会うようにしましょう。

なお、相手の都合で1週間以上先しか空いていない場合、デートの日程が近くなったタイミングで再度日にちと時間の確認メールを送ると相手が約束を忘れるリスクが低下します。

メッセージを送るタイミングを見極める

メッセージを送るタイミングも、注意が必要です。相手が仕事や家事などで忙しい時間帯にメッセージを送ると、返信が遅れたり、返信がもらえなかったりする可能性があります。

マッチングアプリで知り合った相手には、休憩時間や仕事終わりなど、返信がしやすい時間帯にメッセージを送るようにしましょう。

上記3つの注意点を守ることで、マッチングアプリで会う約束を成功させやすくなります。

マッチングアプリで会う約束を断られたときの対処法

マッチングアプリで会う約束を断られたときの対処法

マッチングアプリで会う約束を断られた際の対処法は、以下3つです。

  • 相手の気持ちを尊重する
  • 無理に会おうとしない
  • 次の出会いに向けて準備する

それぞれ詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

相手の気持ちを尊重する

まずは、相手の気持ちを尊重することが大切です。

断られた理由を聞いて、相手の気持ちに寄り添いましょう。

例えば、相手が「仕事が忙しくて……」と断ってきた場合は、「仕事が忙しいのは大変ですね。お体に気をつけてください」などと、相手の状況を理解していることを伝えましょう。

また、相手が「まだあなたをよく知らないから……」と断ってきた場合は、「もっとあなたのことを知りたいと思っています。また機会があれば、ぜひお願いします」などと、相手に好印象を与えるようにしましょう。

相手の気持ちを尊重した返信を行うと、仲良くなったタイミングで相手からデートの誘いが来る可能性もあります。

無理に会おうとしない

相手が会う気がない場合は、無理に会おうとしないことも大切です。

無理に会うことで、相手や自分が不快な思いをする可能性があります。

また、相手から「また機会があれば……」と言われたときに、また会う約束ができる可能性も高くなります。

無理に会おうとせず、前述した方法で相手の気持ちを尊重することが重要です。

次の出会いに向けて準備する

会う約束を断られても、焦らずに、次の出会いを探しましょう。マッチングアプリには、まだ出会いを求めている相手がたくさんいます。

次の出会いを求める際は、プロフィールや送信するメッセージを見直しましょう。

自分のプロフィールやメッセージのやりとりを改善すると、マッチング率が上がり会う約束が成立しやすくなります。

1人の相手に執着せず、次の相手を探す努力を怠らないようにしましょう。

マッチングアプリ会う約束に関するよくある質問

 

この項目では、マッチングアプリ会う約束に関するよくある質問について4つ回答します。

マッチングアプリで会う約束を取り付けるコツがわからない方や、成功した後の行動がわからない方は、ぜひ参考にしてください。

会う約束をした後相手からの返信が減るのはなぜですか?

マッチングアプリで会う約束をした後に相手からの返信が減る理由は、主に以下2です。

  • デート当日にネタ切れしないため
  • 相手からの好意を確かめるため

それぞれ解説します。

デート当日にネタ切れしないため

会う約束をしたら、デート当日にネタ切れしないように、メッセージのやり取りを減らす人もいます。デート当日は、実際に会って話すことがメインになります。

そのため、メッセージのやり取りで盛り上がりすぎてしまうと、デート当日に話すことがなくなってしまい、会話が盛り上がらないことを恐れてメッセージを少なくしている可能性があります。

相手からの好意を確かめるため

会う約束を取り付けた後、相手からの好意を確かめるために、あえて連絡を控える人もいます。相手から連絡が来なければ、自分への興味が薄れているのではないかと不安になりますよね。そのため、相手から連絡が来るのを待つことで、相手の好意を確かめようとします。

返信が減っても問題はない

会う約束のあと、連絡が減っても、必ずしも悪いことではありません。

デート当日にネタ切れしないように、メッセージのやり取りを減らすことは、むしろ好ましいことです。デート当日に話すことがなくなってしまい、会話が盛り上がらないよりも、ネタ切れせずに会話を楽しむことができる方が、好印象を与えることができます。

また、相手からの好意を確かめるために、あえて連絡を控えることも、決して悪いことではありません。相手からそれだけ興味を持たれているということなので、当日のデートが成功する可能性も高いでしょう。

初デートにおすすめのプランを知りたいです!

相手の好みや自分の趣味によってデートプランは異なりますが、おすすめのプランは以下3つです。

  • カフェでゆっくり会話を楽しむ
  • 映画や美術館で共通の趣味を楽しむ
  • アクティビティや散策で盛り上がる

それぞれ解説します。

カフェでゆっくり会話を楽しむ

初デートは、まずはゆっくり会話を楽しむことが大切です。相手のことを知るきっかけになるので、共通の話題や趣味などについて話してみましょう。

カフェであれば、落ち着いた雰囲気で会話を楽しむことができます。また、食事や飲み物をしながら会話ができるのも、カフェのメリットです。

初デートに迷った方は、カフェでゆっくり会話を楽しむことを提案してみてはいかがでしょうか。

映画や美術館で共通の趣味を楽しむ

共通の趣味がある場合は、それをきっかけにデートプランを立てるのもおすすめです。映画や美術館なら、2人で同じものを体験しながら、会話も盛り上がります。

ただし、映画や美術館は、会話が途切れてしまう可能性があるので、事前に会話のネタを考えておかなければいけない点は注意が必要です。

アクティビティや散策で楽しく盛り上がる

アクティビティや散策であれば、会話のきっかけがなくても、自然と盛り上がることができます。ボウリングやカラオケ、スポーツ観戦など、アクティビティなら、2人で協力しながら楽しむことができます。

散策なら、街並みや自然を楽しみながら、会話を弾ませることができます。

本格的なデートを楽しみたい方は、アクティビティや散策がおすすめです。

マッチングアプリで会う約束を取り付けた後の連絡頻度やコツを知りたいです!

マッチングアプリで会う約束を取り付けた方は、以下4つのポイントを押さえて連絡を続けましょう。

  • デート前の連絡頻度の維持
  • 連絡のタイミング
  • 相手の返信リズムを掴む
  • 長文の連続メッセージを回避

それぞれ詳しく解説するので、メッセージの送り方について悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

デート前の連絡頻度の維持

デートの約束を取り付けた後は、デート当日に会話が途切れないように、適度な連絡を続けることが大切です。

具体的には、週に1~2回程度のペースで、さりげなく連絡をしましょう。

会話のきっかけになるようなメッセージを送ると、相手も返信しやすくなります。例えば、相手の近況を聞いてみたり、共通の話題を盛り上げたりしましょう。

連絡のタイミング

相手の仕事やプライベートの都合を尊重して、連絡のタイミングを決めましょう。

例えば、相手が仕事で忙しい時間帯にメッセージを送ると、返信が遅れたり、返信がもらえなかったりする可能性があります。

相手のプロフィールやメッセージのやり取りの中で、相手の生活パターンや仕事の都合などを把握しておくと、連絡のタイミングを決めやすくなります。

相手の返信リズムを掴む

相手の返信リズムを理解して、それに合ったペースでコミュニケーションをとるようにしましょう。

例えば、相手がすぐに返信してくれる人であれば、自分もすぐに返信するようにしましょう。

相手が返信に時間がかかる人であれば、無理に返信を催促したり、長文のメッセージを送ったりするのではなく、相手のペースに合わせて、ゆとりを持ってコミュニケーションをとるようにしましょう。

長文の連続メッセージを回避

長文の連続メッセージは、相手に負担をかけてしまう可能性があります。

1回のメッセージで伝えたい内容を簡潔にまとめるようにしましょう。

また、相手が返信する前に、何度もメッセージを送りつけるのも、相手に迷惑をかけてしまう可能性があります。

相手から返信が来たら、しばらく待ってから、改めてメッセージを送るようにしましょう。

これらのポイントを押さえることで、マッチングアプリでの連絡頻度を適切に保つことができます。

マッチングアプリで会う約束を断る方法を知りたいです

マッチングアプリで会う約束を断る際は、以下3つの注意点を守る必要があります。

会う約束を断るときは、以下の点に注意しましょう。

  • 相手の気持ちを尊重する
  • 電話で話すことを提案してみる
  • 明確な理由を伝える

それぞれ解説します。

相手を尊重する

会う約束を断るときは、相手の気持ちを尊重することが大切です。

「会うのが面倒」「あなたに興味がない」など、相手を傷つけるような言い方は避けましょう。

相手を傷つけるような言い方をしてしまうと、相手からも自分が傷つくようなメッセージが届く可能性があります。

電話で話すことを提案してみる

相手のことがわからず会うのが怖い方は、まずは電話で話すことを提案してみましょう。

電話をすると、相手の人柄や共通の趣味などが把握できるため、自身に合う人物か判断できます。

明確な理由を伝える

会うのを断る理由を明確に伝えることも大切です。

「もうちょっとメッセージでやり取りしたい」「仕事が忙しくて時間が取れない」など、具体的な理由を伝えることで、相手も納得しやすくなります。

具体的な断り方の例

以下に、会うのを断る際のメッセージの例をご紹介します。

〇〇さん、こんにちは。

デートのお誘い、ありがとうございます。

まだメッセージでやり取りしたばかりで、〇〇さんのことをもっと知りたくて、もうちょっとメッセージでやり取りさせていただきたいです。

また、ご都合の良いタイミングでご連絡いただければ幸いです。

このメッセージでは、相手に会いたい気持ちは伝えつつ、まだ相手をよく知らないことを理由に、会う約束を断っています。

相手との関係を進展させてから会いたいと考えている方は、上記の例を参考にメッセージを送りましょう。

マッチングアプリで会う約束を成功させるために親睦を深めよう!

マッチングアプリで会う約束を成功させるために親睦を深めよう!

マッチングアプリで出会いたいという方は、メッセージを10通程度やりとりを行い、親睦が深まったと感じたら提案してみましょう。

マッチングアプリをしている方の多くは、出会いを求めているので、本記事で紹介したやり方をマスターすればデートできる回数は大幅に増えます。特に、日程の提示やタイミングは大切です。

また、女性側は誘われ待ちしている方が多いので、男性からアクションをかけると意外と上手くいく可能性もあります。マッチングアプリで、デートがしたいと考えている方は本記事を参考にデートの約束までいきましょう。

ペアーズ
人気マッチングアプリ「ペアーズ(Pairs)」の公式サイトキャプチャ
  • 運営会社:株式会社エウレカ
  • 2,000万人以上が登録するマッチングアプリ
  • 雑誌やTVでも取り上げられる人気アプリ
  • 月に13,000人以上に恋人ができており、国内最大級
  • 平均4ヶ月で恋人ができている
  • 24時間365日監視体制のある、安心の運営体制
  • 同じ趣味や価値観の相手を簡単に探せる「マイタグ機能」
会員数 年齢層 目的
2,000万人以上 20代~30代半ば 恋活・婚活
月額料金
男性:3,700円/月〜 女性:無料

\国内最多!会員数2,000万人超え/