【最新!】マッチングアプリキャンペーン一覧

60代・シニアにおすすめのマッチングアプリ3選|婚活目的や出会うコツを紹介

シニア世代で出会いを見つける場合、婚活パーティや結婚相談所などの手段があります。日本では晩婚化も進んでいるため、出会う方法として利用する人も多いです。

しかし、当編集部ではシニア世代の出会いにマッチングアプリをおすすめします!

今回は、シニア世代がマッチングアプリを利用して出会いが見つかるのかを紹介します!

あおい

レン

これからマッチングアプリに登録しようと思っている人や、新しい出会いを期待している人は参考にしてください!
この記事をまとめると

シニア世代にマッチングアプリがおすすめな理由

  • 世代を気にすることなく出会えるから
  • 出会いに発展している人も多いから
  • マッチングアプリから結婚する人もいるから

シニアにおすすめなマッチングアプリ3選

失敗しないマッチングアプリの選び方

  • 会員数が多いアプリを選ぶ
  • シニアでも出会えるアプリを利用する
  • セキュリティ対策が整っているアプリを使う
人気マッチングアプリ「ペアーズ(Pairs)」の公式サイトキャプチャ

シニアにおすすめな出会いなら「Pairs(ペアーズ)」!

  • 幅広い年齢の人が登録している!
  • シニア世代も多い!
  • 再婚した人も多い!

\国内最多!会員数2,000万人超え/

シニア・60代にもおすすめなマッチングアプリ3選

シニア・60代でマッチングアプリを利用したいなら、アプリ選びが重要です。

しかし、どのアプリを利用すればいいのかわからない人も多いと思うので、当編集部でおすすめを紹介します。

登録を検討しているなら、以下のアプリを利用しましょう。

シニアにおすすめのマッチングアプリ

どのアプリもおすすめで、利用者も多く出会いに発展しやすいものばかりです。再婚を考えている人や、将来のパートナーを見つけたい人は参考にしてください。

全世代におすすめのマッチングアプリはこちらの記事で紹介しています。

【2024年2月】マッチングアプリおすすめランキング20選!目的別の選び方と出会うコツを紹介

おすすめの婚活アプリはこちらの記事で紹介しています。

【2024年2月】婚活アプリおすすめランキングTOP15!年代別にプロが徹底比較

Pairs(ペアーズ)

ペアーズ
人気マッチングアプリ「ペアーズ(Pairs)」の公式サイトキャプチャ
  • 運営会社:株式会社エウレカ
  • 2,000万人以上が登録するマッチングアプリ
  • 雑誌やTVでも取り上げられる人気アプリ
  • 月に13,000人以上の恋人ができており、国内最大級
  • 平均4ヶ月で恋人ができている
  • 24時間365日監視体制のある、安心の運営体制
  • 同じ趣味や価値観の相手を簡単に探せる「マイタグ機能」
会員数 年齢層 目的
2,000万人以上 20代~30代半ば 恋活・婚活
月額料金
男性:3,700円/月〜 女性:無料

\国内最多!会員数2,000万人超え/

ペアーズは、2,000万人以上が登録しているアプリで、年齢層関係なく多くの人が登録しています。シニア世代ももちろん登録しているため、登録する価値は十分にあります。

また、ペアーズにはマイタグ(旧コミュニティ)機能というものがあり、調べるとシニア向けのものも見つけました。

シニア世代でペアーズを利用するなら、マイタグ(旧コミュニティ)には登録したいところです。
(共通の趣味の人が見つかります)

ちなみに、ペアーズに登録している人の多くは、恋活目的で利用しています。しかし、婚活目的で登録している人も多く、40代を超えてくると婚活を意識する人がほとんどです。

シニア世代の場合は、再婚活をしている人が多いので、将来的なパートナーを見つけたいと思っている人は、登録するとよいでしょう。

\国内最多!会員数2,000万人超え/

ユーブライド

ユーブライド
婚活アプリ「ユーブライド」のHP
  • 運営会社:株式会社Diverse
  • 真剣度の高いユーザーが集まる婚活アプリ
  • 年齢層は30代以上で結婚を意識する年代が多い
  • 過去5年の成婚率は10,708人と高い成婚実績あり
  • 登録時に必要な情報が多く、本気度の高い人が集まる
  • 24時間365日の監視体制あり
  • 家族構成など婚活向けのプロフィール項目あり
会員数 年齢層 目的
260万人以上 男性:30代後半〜40代
女性:20代~30代
婚活
月額料金
4,300円/月〜

\結婚相談所運営のアプリ/

ユーブライドは、婚活目的の人が多い婚活アプリです。恋活目的で登録している人は少なく、将来のパートナーを見つけたい人が多く登録しています。

年齢層も高く、メインは40~50代です。シニア層も多く、マッチングアプリのなかではもっともシニア向けと言えるでしょう。

ちなみに、ユーブライドに登録している人は、以下のような目的の人がほとんどです。

ユーブライドに登録してる人の目的
  • 将来の結婚相手を見つけたい
  • 1年以内に結婚したい
  • 再婚活がしたい

シニア世代だと、再婚活の人が多い印象です。また、結婚願望が強い人が多く、1年以内に結婚したいという人がほとんどでした。

なかには、3か月以内に結婚したいという人もいて、結婚願望の高さがうかがえます。

公式サイトのレポートでは、シニア世代や60代でも結婚している人がいました。

シニア世代でも使いやすくシンプルだからおすすめだね!

あおい

レン

そうだね!自分のペースで婚活がしたいなら、登録するといいかも!

\結婚相談所運営のアプリ/

Omiai

Omiai
OmiaiHPキャプチャ
  • 運営会社:株式会社Omiai
  • 累計会員数900万人以上のマッチングアプリ
  • 累計1億組のマッチング実績あり※2023年6月時点
  • 完全匿名性なので、気軽に使える
  • メディア掲載実績多数。ファッション誌からTVまで
  • 機能がシンプルなので、初めての方にも使いやすい!
  • LINE交換せずに、アプリ内でビデオ通話できるので安心
会員数 年齢層 目的
累計900万人以上
※2023年2月時点
20代〜30代後半 恋活〜婚活
月額料金
4,900円/月~
※AppleID・GooglePlay決済1ヶ月プラン
女性:無料

\真剣な出会いを求める男女集合/

Omiaiは、累計会員数900万人以上が登録している婚活アプリです。

ユーブライド同様に、婚活目的の人が多いため、将来的に結婚がしたい人におすすめです。しかし、以前恋活アプリとして運営していた背景から、平均年齢層は高め。
(それでも30代が中心)

シニアで利用している人もいるので、シニア向けのマッチングアプリを探している人にはおすすめです。

また、Omiaiには以下のような人が多く登録しています。

  • 将来を考えている人
  • 再婚を考えている人
  • 結婚相手を見つけたい人

シニア世代の目的は、婚活か再婚でした。再婚目的の人は、自己紹介文に「1年以内に結婚したいです」と書いている人が多い印象でした。

期間は人によって異なりますが、結婚を意識していることは確かです。

シニア向けのアプリというわけではなく、全年齢が幅広く利用しています。セキュリティ対策も万全なので、気になる人は登録を検討しましょう。

\真剣な出会いを求める男女集合/

番外編:ブライダルネット

ブライダルネット
ブライダルネットHPキャプチャ
  • 有料会員数は約40,000人。30代が中心。
  • 男女ともに有料なので、真剣度の高いユーザーがたくさん
  • 年間マッチング数は200,000件以上
  • 男性の定職率は100%!過半数が年収500万円オーバー
  • 会員の85%以上が1年以内の結婚を希望する本気度!
  • 専任カウンセラーが初デートをセッティング可能
会員数 年齢層 目的
1.2万人以上 20代後半〜40代 婚活
月額料金
3,980円/月〜

ブライダルネットは、婚活アプリとは少し異なります。オンライン版結婚相談所と呼ばれており、結婚相談所ですることをオンラインでできます。

専用のコンシェルジュが常駐しており、条件に応じた相手を探してくれることが特徴です。

料金は男女ともに有料なので、真剣な人が登録しています。シニア世代でも登録可能で、結婚した人も少なくありません。

また、従来のアプリと比べると、自分で相手を探さなくてもいい点は、手間がかからないのでおすすめです。

自分でも検索できますが、不安な人はコンシェルジュに紹介してもらいましょう。

60代・シニアにマッチングアプリがおすすめな3つの理由

マッチングアプリは、シニアの人にこそ利用してほしいです。

理由は複数ありますが、具体的には以下のとおりです。

シニアにマッチングアプリがおすすめな理由
  1. 世代関係なく出会えるから
  2. 実際に出会いに発展しているから
  3. アプリで結婚する人も多いから

若年層向けだといわれていても、シニア世代も登録しています。そのため、世代に関係なく出会いが見つかります。

また、公式サイトのレポートでは、シニア同士で出会いに発展したというケースもあるため、出会いを見つけたい人におすすめです。

1. 世代関係なく出会えるから

シニア世代でも、マッチングアプリを使うと出会いが見つかります。

正直、マッチングアプリに世代や年齢は関係ありません。もちろん、20代の人と50代~60代の人との出会いはありませんが、若年層同士・シニア同士の出会いは十分にあります。

ペアーズというマッチングアプリを例に挙げると、共通の趣味の人が見つかる”マイタグ(旧コミュニティ)機能”が用意されています。

シニア向けのマイタグ(旧コミュニティ)も用意されており、同年代の交流が非常にしやすいです。

同世代の人とマッチングすると、話が合わないということもないので安心できます。

まずは友達やお知り合いからの出会いにもおすすめなので、シニア世代で出会いを探しているなら利用を検討しましょう。

\国内最多!会員数2,000万人超え/

2. 実際に出会いに発展しているから

年齢問わず、マッチングアプリを使って出会いに発展している人は多いです。ほかの出会いに比べると、気軽に利用できますからね。

マッチングアプリは、登録したその日に利用できます。仕組みを簡単に説明すると、以下のとおりです。

マッチングアプリの仕組み
  1. いいねを送る
  2. マッチングする
  3. メッセージをする
  4. 仲良くなったら会う

この流れで、出会っていきます。婚活パーティや結婚相談所よりも単純で、極端な話マッチングした人とやり取りするだけです。

時間や場所は気にせず、自分がやり取りしたいときに利用すればよいです。

公式アプリの口コミや評判を見ても、アプリを使って出会った人は多く存在します。出会えないという不安もありますが、シニア同士なら安心ですよ!

3. アプリで結婚する人も多いから

マッチングアプリを使って、実際に結婚した人は多く存在します。

昔に比べると、結婚目的でアプリを利用する人が増えたので、マッチングアプリ経由で結婚しても珍しいことではありません。

口コミを調べると、結婚した人も多く出てきます。

「本当に結婚できるの?」と思う人も多いので、マッチングアプリが結婚におすすめな理由を紹介します。

  • 気が合う人が見つかりやすいから
  • シニア世代なら結婚を意識している人が多いから
  • 結婚願望が高い人が多いから

趣味や好みがあう人が見つかりやすく、距離感が縮まりやすいことが、マッチングアプリの最大の特徴です。

さらに、シニア世代の人なら、結婚を強く意識している人が多いため、まじめな出会いに発展します。

そのため、結婚を考えているなら、マッチングアプリの利用も検討したほうがよさそうです。

60代以上のシニア向けマッチングアプリの選び方

60代以上で、マッチングアプリに登録する場合は、それぞれ選び方があります。失敗しないためにも、適切な選び方をしましょう。

それぞれ紹介すると、以下のとおりです。

60代以上の人がしたいマッチングアプリの選び方
  • 会員数が多いアプリを選ぶ
  • シニア世代でもOKなアプリを選ぶ
  • セキュリティ対策が整っているアプリを選ぶ

いずれも、シニア世代がトラブルに遭わないための選び方です。

それぞれ選び方を意識して、自分に合ったアプリを利用しましょう。

会員数が多いアプリを選ぶ

マッチングアプリは、シニア世代でも出会えるとはいえ、登録している人は少数です。割合でいうと、全体の10%程度です。

そのため、会員数が少ないアプリだと、出会えないかもしれません。

そこで、シニア世代で出会いたいと思っているなら、会員数が多いアプリを利用しましょう。

シニア向けのアプリで、それぞれ会員数別で紹介すると、以下のとおりです。

会員数別のマッチングアプリ一覧
  • ペアーズ:2,000万人以上
  • Omiai:900万人以上
  • ユーブライド:260万人以上
  • マリッシュ:150万人以上

いずれも100万人以上が登録しており、シニアが出会いやすいアプリです。

とくに、”ユーブライド・マリッシュ”は、婚活をメインに活動している人が多く、全体的な年齢層は高め。

そのため、シニアの人でも十分出会いが見つかるアプリです。ユーブライドに関しては、アプリを使って結婚している人も多いです。

ユーブライドの公式Twitterでは、成婚退会者の数を公開しています。

将来的に結婚を考えているなら、登録して損はないアプリです。

\結婚相談所運営のアプリ/

シニア世代でもOKなアプリを選ぶ

マッチングアプリは、基本的に若い人が登録しています。アプリにもよりますが、ペアーズやOmiaiも、20代が中心です。

しかし、シニア世代も登録しているため、登録してOKなアプリです。

一方で、以下のようなアプリは、若年層が中心でシニア向けではありません。

  • タップル
  • Dine
  • Tinder
  • クロスミー

登録している人の目的も、遊び目的や暇つぶしなど気軽な人が多いです。そのような人と出会ったとしても、まともな出会いには発展しません。

シニアでも出会いに発展させたいなら、若者向けではなくシニア向けのアプリに登録しましょう。

それこそ、婚活をしている人が多いユーブライドやマリッシュはおすすめです。

婚活目的の人が多いアプリなら、シニア世代の人も安心だね!

あおい

レン

60代以上の人も多いみたいだし、検討するといいかもね!

セキュリティ対策が整っているアプリを選ぶ

マッチングアプリに登録する際に、不安要素が少し残るのがセキュリティ対策についてです。

当編集部では優良アプリしか紹介していませんが、ネットには悪質なマッチングアプリもあります。アプリ選びを正しくするためにも、最低限セキュリティ対策が整っているものを選びましょう。

具体例を挙げると、以下のとおりです。

マッチングアプリがしているセキュリティ対策
  • 24時間365日の有人監視システム
  • ブロック・通報機能
  • 個人情報の暗号化(セキュリティ保護)

あくまでも一部ですが、上記の3つをおこなっているアプリなら、とりあえずは安心です。

マッチングアプリの多くでは、運営がアプリ内をパトロールしています。悪質なユーザーをブロックするための対策で、日常的におこなわれていることです。

どのアプリにも、変な目的で登録している人はいますからね…。

また、そのようなユーザーに遭遇した時のために、通報・ブロック機能があるアプリだと安心です。

セキュリティ対策の観点から、個人情報が暗号化されているアプリも少なくありません。

トラブル防止の意味でも、万全に整っているアプリを選びましょう。

60代・シニア世代でもマッチングアプリで出会える?

マッチングアプリは、20代や30代の人が多いため、シニア世代は対象外…と思っている人も少なくありません。

しかし、結論を先に言うと、シニア世代でもマッチングアプリに登録しています!比率では少ないほうですが、実際にアプリを使って出会った人も多いです。

また、youbride(ユーブライド)マリッシュなどのマッチングアプリは、シニア向けのマッチングアプリです。

マッチングアプリのなかでも、婚活アプリと呼ばれており、婚活をメインに活動している人が多く登録しています。

このように、アプリを使って再婚したという人もいます。

昔に比べると、シニア世代も続々とマッチングアプリに登録するようになり、出会いやすくなりました。

婚活パーティや結婚相談所でももちろん出会いがありますが、当編集部では気軽に利用できるマッチングアプリをおすすめします。

婚活でもそうだけど、話し相手を見つけるだけでもいいかもね!

あおい

レン

そうだね!シニア世代になってくると、新しい友達を見つけるのは難しいし!

\再婚にも強いマッチングアプリ/

60代・シニアがマッチングアプリで出会いを見つける方法

シニアがマッチングアプリで出会いを見つける場合、それぞれ方法があります。婚活をして将来的なパートナーを見つけたい人は、以下の方法を実践しましょう。

シニアがマッチングアプリで出会いを見つける方法
  • プロフィール検索をする
  • プロフィールを作っていいねを待つ
  • 同世代の人とマッチングする
  • 結婚願望が高い人にアピールをする

難しいことは一切なく、使い方さえ覚えれば誰でも簡単に出会いが見つかります。

良縁を見つけるためにも、登録後はそれぞれ意識しましょう。

プロフィール検索をする

マッチングアプリは、マッチングしたい人をプロフィール検索で見つけます。そして、好みの人が見つかったらいいねを送ってマッチングします。

プロフィール検索では、さまざまな条件のもとでユーザーを検索可能です。

こちらは、ペアーズの検索条件です。出身地や年齢などの基本情報はもちろんですが、以下の条件も検索できます。

プロフィール検索で設定できる条件
  • 趣味・好み
  • 結婚願望の高さ

結婚を考えているなら、結婚願望を選択することをおすすめします。そこまで結婚願望が高くない人とマッチングしても、良縁につながりません。

そのため、プロフィール検索で、結婚願望が高い人を見つけていいねを送ることをおすすめします。

プロフィールを作っていいねを待つ

自分で検索して出会いたい人を見つける方法もありますが、プロフィールを作って相手からのいいねを待つ方法もあります。

その場合、以下の三つを設定しなければなりません。

  • プロフィール写真
  • 自己紹介文
  • 基本情報

それぞれポイントがあるので、項目別で紹介します。

プロフィール写真

プロフィール写真は、マッチングアプリで重要な役割があります。

どのマッチングアプリでも、プロフィール検索をすると、プロフィール写真が最初に出てくる仕組みです。

そのため、プロフィール写真を設定しないと、相手からのアクションはもらえません。

設定する写真はさまざまですが、当編集部では以下をおすすめしています。

  • 他撮り写真
  • 角度を付けた写真
    (正面からはNG)
  • 笑顔の写真

最低限これらを意識すると、アクションがもらいやすくなります。

最近では、プロフィール写真を撮影してくれるサービスもあるので、気になる人は利用を検討するとよいでしょう。

自己紹介文

プロフィール写真だけでマッチングするわけではなく、ほかの項目も吟味したうえで発展します。

そのなかでも注目されるのが、自己紹介文です。自由記述式になっており、自己紹介をしなければなりません。

シニア世代なら、趣味や好みのほかにも、結婚願望について書くことをおすすめします。

そのほかにも、以下のようなことが書かれていると親切です。

  • 仕事が休みの日
  • 休日にしていること
  • 求める人のタイプ

相手がプロフィールを見たときに、いいねを送るようなプロフィールを心がけましょう。

基本情報

基本情報は、選択式になっています。

簡単に設定できるほか、プロフィール検索の結果で表示される項目なので、すべて入力しましょう。

年齢は登録時に設定されており、居住地や趣味などの情報を入力します。

必要な情報を入力することで、検索結果に表示されやすくなります。

また、基本情報はプロフィールを開くと最初に表示されるため、一目であなたがどのような人かわかるようにしましょう。

同世代とマッチングする

シニア世代が、マッチングアプリを使って出会うなら、同世代とのマッチングは必須です。

年齢差がある人とマッチングしても出会いにつながることはなく、マッチングしたとしても話が合わずに終わります。

とくにシニア世代の場合は、若年層とマッチングすると冷やかしにあって終わりです。不毛なやり取りをするよりも、真剣にアプリを利用しましょう。

60代で利用するなら、50~60代の近い人を狙いましょう。

以前、当編集部で検証しているときに、シニア層の人からいいねが来たことがあります。

20代の女性に対して、60代の人がいいねを送ってくることは、少し恐怖を感じます。若い子が好きだとしても、年齢差がありすぎるのはNGです。

真面目に利用しているとは思われないから、最悪の場合ブロックされちゃうかもね!

あおい

レン

それだけならいいけど、凍結とかしたら洒落にならないよね!

結婚願望が高い人にアピールする

マッチングアプリに登録しているシニアは、基本的に婚活目的です。一部遊び目的がいるとしても、相手にされません。

そのため、シニアで出会いに発展させたいと思っているなら、結婚願望が高い人にいいねを送ってマッチングしましょう。

相手にとって、あなたがよい条件の人なら、普通にマッチングします。

また、相手も結婚を考えていることから、意気投合しやすいです。

お互いが意気投合すれば、あとはデートを重ねて付き合うだけです。人によっては、数か月で結婚する人も少なくありません。

そのため、マッチングアプリで出会いたいと思っているなら、同世代で結婚願望が高い人に限ります。

60代・シニアがマッチングアプリを利用する際の注意点

シニア世代がマッチングアプリを利用する場合、いくつか注意点があります。これから、アプリを利用しようと思っているなら、それぞれ注意しましょう。

シニアがマッチングアプリを利用する際の注意点
  • ロマンス詐欺が急増している
  • アプリによっては出会えない可能性がある

とくに注意したいのが、ロマンス詐欺についてです。ロマンス詐欺は、マッチングアプリで横行しているトラブルの一つで、シニア世代を対象に被害を受けています。

実際に被害に遭う人も多いから、気を付けよう!

あおい

レン

被害に遭ってからじゃ遅いからね!事前に対策をすることが大切だよ!

ロマンス詐欺が急増している

シニア世代が特に気を付けてほしいのが、ロマンス詐欺です。国内だけではなく、海外でも被害が増加しています。

その際に、狙われやすいのがシニア世代です。50~60代がよくターゲットになっていることを見かけます。

ロマンス詐欺とは、投資家の女性や男性に成りすまして、詐欺行為をする人のことを指します。

X(旧Twitter)で口コミを調べると、実際に被害にあった人が出てきました。巧妙な手口でだましてくるので注意したいところです。

ロマンス詐欺の被害は、ニュースで報道されることもあります。

マッチングアプリで知り合った相手から「未来のために投資をしないか」などと持ちかけられ、佐賀市の40代の女性が合計約6000万円をだまし取られました。

佐賀市の40代の女性がマッチングアプリで知り合った福岡市のシステムエンジニアを名乗る男から、SNSのメッセージなどで「未来のために投資をしないか」などと投資話を持ちかけられました。
女性は、相手に投資サイトを紹介され、合計約6000万円を20回にわたり指定された口座に入金したということです。

引用:FNNプライムオンライン

この女性の場合、マッチングアプリで知り合った人に投資話を持ち掛けられて、現金6,000万円をだまし取られています。

万が一、マッチングアプリで知り合った人が以下のようなことを言ってきた場合は要注意です。

  • 儲け話
  • 投資に関する話
  • 会社が倒産した話

いずれも、ロマンス詐欺の手口です。マッチングアプリでは、このような不審なやり取りがあると即アカウントが停止します。

しかし、運営もすべてのやり取りに即反応しているわけではないので、怪しいと思ったらブロックすることが大切です。

アプリによっては出会えない可能性がある

マッチングアプリは、大きく分けると”恋活アプリ・婚活アプリ・デーティングアプリ”の三つに分けられます。

このなかで、シニア世代が利用するべきアプリは婚活アプリです。恋活アプリでも出会いは見つかりますが、あまりおすすめしません。

利用するとしても、ペアーズのように会員数が多いアプリを利用しましょう。

また、デーティングアプリに関してはシニア層がほとんど登録していません。むしろ、若年層しか登録していないので、相手にされません。

具体例を挙げると、以下のとおりです。

  • Dine
  • クロスミー
  • Tinder
  • タップル

いずれも、20代がメインで登録しているアプリです。ジェネレーションギャップを感じますし、マッチングしたところで冷やかしに遭うだけです。

まともな出会いには発展しないので、注意しましょう。

まとめ【60代・シニアの出会いはマッチングアプリがおすすめ!】

シニアで出会いを見つけるなら、婚活パーティや結婚相談所ではなくマッチングアプリがおすすめです。

マッチングアプリのなかでも、婚活アプリを利用しましょう。

使ってほしい理由は複数ありますが、以下が関係しています。

  • 婚活目的の人が多く出会いやすいから
  • シニア世代でも出会いが見つかるから
  • シニア同士で出会えるから

婚活アプリは婚活目的の人が多く、シニアで結婚したい人に最適です。

いきなり結婚とは言わずに、知り合いや友達募集にも使えるので、出会いが欲しい人はマッチングアプリに登録しましょう。

ペアーズ
人気マッチングアプリ「ペアーズ(Pairs)」の公式サイトキャプチャ
  • 運営会社:株式会社エウレカ
  • 2,000万人以上が登録するマッチングアプリ
  • 雑誌やTVでも取り上げられる人気アプリ
  • 月に13,000人以上の恋人ができており、国内最大級
  • 平均4ヶ月で恋人ができている
  • 24時間365日監視体制のある、安心の運営体制
  • 同じ趣味や価値観の相手を簡単に探せる「マイタグ機能」
会員数 年齢層 目的
2,000万人以上 20代~30代半ば 恋活・婚活
月額料金
男性:3,700円/月〜 女性:無料

\国内最多!会員数2,000万人超え/