【最新!】マッチングアプリキャンペーン一覧

子連れで再婚は難しい?幸せになるポイントと後悔しないためのルール

子連れで再婚は難しい?

現代は、3組に1組が離婚する時代と言われています。一般的に子どもの親権は母親が持つことが多く、シングルマザーになる人も増えてきました。

ひと昔前までは、離婚した場合は女手ひとつで子どもを育てるイメージが強かったですが、最近は子連れで再婚する「ステップファミリー」の認知度も高まっています。

しかし、まだまだ子連れでの再婚は難しいと考えている方が多いのも事実。

そこで今回は、子連れでの再婚が難しい理由と、幸せになるためのポイント、後悔しないために決めておきたいルールをご紹介します!

この記事をまとめると…
  • 子連れ再婚をする人も増えている
  • 子連れ再婚が難しい理由は、子どもが最優先となるから
  • 育児や仕事で忙しく出会いがないときはマッチングアプリもおすすめ
  • マリッシュはシングルマザーを応援する制度がある
マリッシュ画像
  • 運営会社:株式会社マリッシュ
  • 再婚に強いことが売りのマッチングアプリ
  • 再婚希望者への優遇制度あり
  • 利用者は30〜50代と真剣な出会いを求める層が多い
  • 6割が3ヶ月以内に成婚している実績あり
  • Facebook登録で身バレ防止機能あり
会員数 年齢層 目的
200万人以上 20代後半〜40代 真面目な出会い〜婚活まで
月額料金
男性:3,400円/月〜 女性:無料

\再婚にも強いマッチングアプリ/

[/box]

子連れで再婚したときの手続きや戸籍上の登録について解説

再婚したいと考えたことがあっても「再婚後は子どもはどうすればいいの?」と疑問がありますよね。

ここでは、子連れの方が再婚したときに発生する手続きや、戸籍上の登録がどう変わるのか解説します。

子どもと養子縁組するかで手続きが変わる

あなたがシングルマザーの子連れで再婚をする場合は、彼の戸籍に入るパターンが多いと思います。
その場合は、子どもも彼の養子にするかどうかで、手続きの方法がかわります。

まず、子どもを彼の養子にする場合は「婚姻届」の他に「養子縁組」の手続きが必要です。

養子縁組の手続きをすると、彼は子どもを養う「扶養義務」が発生します。
また戸籍上も親子となり、子どもに彼の相続権も与えられます。

逆に、彼の養子には入れずに「養子縁組」の手続きをおこなわない場合もあるでしょう。
その場合は、彼に子どもを養う義務は発生せず、あなただけの子としてあつかわれます。

再婚したら子どもの名字はどうなるの?

子連れで再婚をすると、子どもの名字が変わるパターンと変わらないパターンがあります。

  • 名字が変わる:あなたが彼の戸籍に入り、子どもが希望する場合
  • 名字が変わらない:あなたが彼の戸籍に入り、子どもが希望しない場合。または、彼があなたの戸籍に入る

子連れシングルマザーの場合は、ほとんどの方が彼の戸籍に入るでしょう。
そして、あなたが彼の戸籍に入り名字が変わることで、子どもも一緒に名字の変更を希望するパターンが多いです。

子どもが15歳以上なら子ども本人が手続きをする

養子縁組や戸籍登録をどうするかは、あなたや彼の間で話し合いをすることが多いでしょう。

しかし、子どもが15歳以上の場合は、手続きは子どもが行う必要があります。

そのため、中学生以上のお子さんがいる方が再婚をする場合は、子どもにも再婚したい旨を伝えて、手続きがあることもあらかじめ知らせておきましょう。

子連れの方が再婚相手を探す方法

再婚相手を探す方法

子連れの方が再婚する方法は、以下の3つの方法があります。

  1. バツイチ限定の婚活パーティー
  2. 友人・知人からの紹介
  3. 婚活サイト・マッチングアプリ

婚活をする方法はさまざまですが、なるべく多くの選択肢から再婚相手おを選ぶことがおすすめです。

「また離婚したい…」と思うことがないように、再婚相手は妥協せずに選びましょう。

それでは、以下で詳しくご紹介します。

バツイチ限定の婚活パーティー

婚活パーティーの中でも、バツイチの方限定の婚活パーティーがあります。

離婚経験がある方は、辛い経験をした者同士で感情を共有できるため、お互いのことを共感しやすいです。
また、一度結婚を経験していることからも、再婚へのハードルが低いという特徴もあります。

しかし、バツイチではあるものの「子連れでも歓迎」という方がいるかはわからないため、あなたに子どもがいることはあらかじめ伝えておきましょう。

友人・知人からの紹介

あなたがバツイチで「再婚したい」ということを知っている友人がいれば、あなたに相性のいい人を紹介してくれる可能性があります。

あなたの境遇をよく理解してくれている人ほど、あなたにマッチする人を紹介してくれるでしょう。

しかし、友人に「いい人を紹介して」といっても必ず相性のいい方がいるとは限らないため、期待しすぎないようにしましょう。

婚活サイト・マッチングアプリ

再婚相手を探すおすすめの方法は、婚活サイトやマッチングアプリを使うことです。

婚活サイト・マッチングアプリでは、プロフィール上で「再婚OK」や「子連れOK」などを判断できます。
そのため、あなたの現状と相性のいい方を判断しやすいのです。

また、婚活サイト・マッチングアプリの利用者数は年々増加しているため「再婚OK」「子連れOK」の多くの方の中から相手を選べるでしょう。

子連れ再婚で起こる辛い現実を具体例付きで紹介

子連れ再婚の辛い現実

子連れで再婚をしても、全員が幸せになっているというわけではありません。

以下では、再婚をしたけど辛いことがあったという方を具体例付きでご紹介します。

子供の意思が尊重されていない

あなたが再婚をしたいとしても、子どもは新しい父親を受け入れられない場合があります。

また、上記のように新しい父親の影響で違う土地に住むことになる場合は、子どもの主張も聞き入れてあげましょう。

夫が連れ子を愛してくれない

あなたと彼がお互いに愛し合っていたとしても、彼が子どもを愛してくれないこともあります。

彼からすると、あなたの子どもは他人だからです。
そのため「俺の子どもじゃない」といって世話をしてくれない可能性もあります。

もし子連れで再婚を考えている彼がいる場合は、彼に子どもを大切にする気があるかを確認しておきましょう。

子連れ再婚が難しい理由とは?

子連れ再婚は難しい

子連れ再婚といっても、状況は様々です。

バツイチ子持ちの方が、初婚の方と再婚するパターンもあれば、バツイチ同士で再婚するパターンもありますよね。

厚生労働省が発表した『平成28年度 「婚姻に関する統計」』を見ると、「夫婦とも初婚」の数は減少傾向にありますが、「夫妻とも再婚又はどちらか一方が再婚」の数は上昇しています。

平成27年度の数値では、全体の婚姻数のうち、26.8%が「夫妻とも再婚又はどちらか一方が再婚」という結果になっているんですよ!

この数値はあくまでも再婚数なので、子連れ再婚に断定した統計結果ではありませんが、再婚数が増えているということは、子連れ再婚の数も上昇していると考えていいでしょう。

では、なぜ再婚数が増えているにもかかわらず、子連れ再婚は難しいと言われるのでしょうか。

大きな理由を3つご紹介します。

子どもの気持ちを優先するから

子どもの年齢が小さければ小さいほど、再婚相手との関係性を築きやすいと言われています。子どもが大きくなるほど、再婚相手を受け入れられなかったり、環境の変化に馴染めなかったりします。

そのため、当人同士が再婚を望むほど愛し合っていたとしても、子どもと再婚相手の関係がうまくいかなければ気持ちにブレーキがかかってしまうものです。

子連れで再婚したいと思っていても、子どもの気持ちを考えたら再婚に踏み切れないと思っている人が多いんですよ。

子連れ再婚OKの人が少ない

残念ですが、子連れ再婚でもOKと言ってくれる男性は少数派です。

再婚相手が、バツイチで子育て経験のある人なら、子連れ再婚に対してもハードルは低いですが、もし初婚だった場合は結婚と同時に親にもなります。子育て経験がない人にとって、いきなり子どもを持つというのはとても精神的に負担になることを理解しておきましょう。

また、子育てはどうしてもお金がかかってしまいます。
どんなに好きな相手でも、経済的に不安で結婚に踏み切れないと言う男性も少なくありません。

そのため、お付き合いしたい関係の人が出来た場合は、あらかじめ子持ちであることをしっかりと伝えておくことが大切です。
恋愛関係に発展する前から、バツイチ子持ちの人との恋愛観を確認しておくのも1つの方法ですよ。

しかし、バツイチ子持ちだからと言って、恋愛をあきらめる必要はありません。

子連れ再婚OKの人が少数派だったとしても、それを受け入れ、母子ともに大切にしてくれる方もいます。
バツイチ子持ちだからと恋愛に対して消極的になるのではなく、本当に愛してくれる人を見つけてくださいね。

親に反対される

再婚したい相手が「子連れでもいい」と言ってくれていても、両家の親に反対される可能性もあります。

もちろん、子どもの幸せを願って心配しているが故の反対だとは思いますが、初婚同士の結婚のように祝福されない場合があることを覚悟しておきましょう。

反対されないためには、結婚相手が日ごろから自分と子どもを大切にしてくれていることを伝えておくことが大切です。
子持ちの人と結婚を考えている人は、両親にもバツイチ子持ちと結婚を視野に入れて交際中であることを伝えておくといいですよ。

子連れ再婚で幸せになるためのポイント

子連れ再婚で幸せになるためのポイント

子連れ再婚は難しいと言われていますが、素敵な人と出会い再婚し、幸せな家庭を築く人もたくさんいます。

子連れ再婚をしたいと思っている人は、これから紹介するポイントを意識してみてくださいね。

子どもと再婚相手の信頼関係を築いておく

幸せな再婚生活をする上で、子供と再婚相手の関係性を築いておくことは重要なポイントです。

子どもが小学校に入る前までの小さな時期には、気付いたら遊んでもらっていたというような、自然な流れで関係を築いていけると良いでしょう。

注意したいのは、小学校高学年から高校生までの多感な時期の子どものケースです。

特に恋愛経験がない子どもの場合、まだまだ理解度も低く「お母さんをとられた」と感じさせてしまうこともあるでしょう。
母親が恋愛していることにショックを受けることも考えられます。

相手との再婚を考え始めたら、それぞれの子どもの成長度に合わせて自然に会わせられると良いですね。

  • ゆっくり時間をかけて仲良くなる
  • 「親」になろうとしない
  • はじめは「友達」目線で遊んでみる

このように、子どもと一緒の時間は「子ども中心」で、楽しい時間を重ねてゆっくりと信頼関係を築いていきましょう

再婚相手に親としての役割を求めすぎない

子連れ再婚で、再婚相手と子どもとの信頼関係はすぐに築けるものではありません。一緒に過ごしていくうちに、徐々に築いていくものです。

そのため、再婚したからといってすぐに連れ子の「父親」や「母親」だからと役割を求めるのはおすすめできません。
それは、これまで生きてきた環境も考え方も違うからです。

子どもにとっても、再婚相手は実の親ではないため、急に父親や母親のように接してこられても戸惑ってしまいます。

再婚したから「親」になりすぎるのではなく、子どもの様子をみながら「友達」や「兄姉」のようなイメージで信頼関係を築いていくと良いでしょう。

子育てにかかるお金を明確にしておく

子育ては、想像以上にお金がかかります。

  • 毎月の食費
  • 成長に合わせた衣類の購入費
  • 習い事代
  • 学校の諸費用
  • 学資保険

これらの費用は、子育てを経験したことのある人しかイメージできません。

子供が小さいうちはかかるお金が少ないですが、成長すれば塾に通ったり、高校・大学へと進学したりと出費も多くなります。
今は共働きも珍しくないですが、再婚するとシングル時代にもらえていたひとり親手当や助成制度が廃止になるので、再婚相手からの金銭的援助は欠かせません。

再婚してから「こんなにお金がかかると思ってなかった!」とならないためにも、あらかじめ金銭面は話し合っておくことが大切です。

再婚相手の両親との関わりを大切にする

せっかく子連れ再婚でもいいと言ってくれる人に出会えたとしても、相手の両親に反対されてしまっては幸せな結婚生活を築くのは難しいです。

血のつながらない子供を孫として受け入れられない方もいらっしゃいますよね。
結婚報告と同時に、相手が子持ちであることを伝えると、打ち明けられた方は心の準備が出来ないので反対されてしまうことがあります。

子連れ再婚の場合では、交際中からしっかりと相手の両親にも子供がいることを伝え、ゆっくりと時間をかけて結婚を認めてもらえるのが理想です。

初めは、子持ちであることを理由に交際すらも反対されてしまうかもしれません。
しかし、子供も含めて幸せな関係を築けていることをアピールしていけば、きっとご両親も認めてくれますよ。

子連れ再婚で後悔しないために決めておくこと

子連れ再婚するなら決めておきたいルール

バツイチの人は、1度目の結婚生活がうまくいかなかったという経験を持っています。

そのため、「再婚してもまた失敗したらどうしよう…」と不安になってしまいますよね。しかも、子連れ再婚の場合は、初婚の時にはなかった子どもの存在も大きく影響します。

  • 連れ子との養子縁組について
  • 子どものメンタルケアについて
  • 子どもと実父との関係について
  • 再婚相手との間に子どもをもうけるか

子連れ再婚で後悔しないためには、パートナーとこのようなことを話し合っておく必要があります。

養子縁組するか

子連れ再婚では、子どもの実の親が再婚相手の籍に入る場合、再婚相手と子どもを養子縁組するか決めなければなりません。

子連れ再婚でいちばん多い、子連れのシングルマザーが子どもなしの男性の籍に入る再婚を例に解説しましょう。

養子縁組について
  • 養子縁組する場合
    ・男性が「親」となり扶養する義務が生じる
    ・男性が亡くなった際の法的な相続権が得られる
  • 養子縁組しない場合
    ・実母である女性だけの子として扱われる
    ・男性には扶養の義務は生じない

簡単に解説すると、養子縁組の手続きの有無でこのような違いがあります。

国内の子連れ再婚では、約35%の再婚夫婦が養子縁組していません

養子縁組引用:氏名変更相談センター

養子縁組しなかった理由
  • 自分の子どものように可愛がることができないと思った
  • 夫や夫の親族の反対
  • 学校などの世間体を気にした
  • 養子縁組の必要性を感じない
  • 子どもが自立していた

このような理由から、養子縁組しないケースもあります。

また、女性側の元夫である子どもの実父から養育費を受け取っている場合には、養子縁組をした時点で実父からの養育費の支払い義務がなくなります。そのため、養育費を受け取るために養子縁組しないケースもあるようです。

しかし、養子縁組しない場合には、再婚相手と子どもとの間に扶養義務が発生しないため、子育てに対し協力的でなくなるというリスクも考えられます。
また、再婚相手が亡くなった際の相続にも関わってきます。

養子縁組については、慎重に話し合って進めていきましょう。

子どものメンタルケアのこと

再婚は、子どものメンタルに大きな影響を及ぼします。

  • 再婚相手をなんと呼ぶか
  • 苗字は変えるか
  • 引っ越しや再婚相手との暮らしによる生活環境の変化

上げるとキリがありませんが、ささいな変化が子どもの心に大きな傷を作ることがあります。

特に、子育てをしているとつい叱りたくなる場面がありますが、子どもにとって血のつながらない再婚相手に叱られるのは大きなストレスになります。

「実の子のように扱いたい」という気持ちもわかりますが、それで築き上げた信頼関係が崩れてしまうのは悲しいですよね。

両親共に血のつながっている家庭でも、『片方が叱る役・もう一方はフォロー役』と分担しておくのがいいとされています。

ですから、子連れ再婚の場合は、『実親が叱り役・再婚相手がフォロー役』と役割を決めておくといいでしょう。

子供と実父の関係を壊さない

子連れで離婚した場合、子どもが離婚した実親と定期的に面会をしているケースがあります。

再婚後に子どもが実親と会うことに抵抗を覚える人もいると思いますが、血のつながった親との関係を断ってしまうのは子どものためとは言えません。元親の悪口を言うのもご法度です。

子どもが実親と面会している場合は、再婚相手にもその頻度や関係性を伝え、子どもの権利であることを理解してもらいましょう。

再婚相手との間に子供をもうけるか

再婚相手との間に子どもをもうけるかは、再婚前にしっかりと決めておくのがおすすめです。好きな人と結婚したら、お互いの血を分けた子どもが欲しいと考えるのは素敵なことです。

ただ、再婚相手との間に子どもを作る場合、再婚相手が連れ子と実子に差別なく接することができるのか心配になることもあると思います。

  • 子どもがほしいか
  • 子どもが出来たときに連れ子と差別なく愛せるのか

このことは、相手の気持ちをしっかり確認しておくようにしてくださいね。

また、新たに子どもが出来た場合、連れ子は疎外感や親を取られてしまう寂しさを感じやすいです。

新たに子どもができたとしても、愛情に差別がないことや、家族の一員であることに変わりはないということを子どもにも伝えてあげられるといいですね。

子連れ再婚したけど離婚したくなったときには

「次は結婚相手を間違えない」と思って再婚した相手でも、実際に再婚生活を始めると「やっぱり合わなかった…」という方もいるでしょう。
しかし、あなたが「離婚したい」と思ってしまったらしかたありません。

離婚を考えてしまった場合は、まずは子供と相談しましょう。
そのうえで、パートナーを交えて話し合いをし、問題が解決しないのであれば離婚すべきです。

「2回も離婚したら周りの目が気になる」という方もいますが、子供やあなたがこの先ストレスを抱えて生活するよりは楽でしょう。

また、これから再婚しようか考えており「また離婚したらどうしよう…」と思っている方は、パートナー選びの方法を考えましょう。
再婚後に幸せな生活を送るためには、子連れを認めてくれて、連れ子も愛してくれるパートナーを探す必要があります。

上記のパートナーを探すためには、条件を絞って相手を探せる「マッチングアプリ」の利用がおすすめです。

子連れ再婚でも幸せになれる!

子連れ再婚でも幸せになれる

まだまだ子連れ再婚は難しいというイメージが根強く、虐待のニュースでも血のつながらない親が手を下す事件が後を絶ちません。

しかし、昔と比べ今は再婚数も上昇傾向にありますし、子連れ再婚であっても幸せな家庭を築いている人の方が多いのが実情です。

子供がいるからもう結婚をしないという人もいますが、長い人生で新たなパートナーを見つけることも素敵なことですよ。

子連れ再婚は難しいからと恋愛をあきらめてしまうのではなく、子供と一緒に幸せになれるような出会いを探してみてもいいのではないでしょうか。

最近では子連れ再婚にマッチングアプリを使う人も増えてきました!おすすめのアプリを紹介しておくので、ぜひ参考にしてくださいね。

子連れ再婚におすすめなマッチングアプリ|マリッシュ

マリッシュ
マリッシュ画像
  • 運営会社:株式会社マリッシュ
  • 再婚に強いことが売りのマッチングアプリ
  • 再婚希望者への優遇制度あり
  • 利用者は30〜50代と真剣な出会いを求める層が多い
  • 6割が3ヶ月以内に成婚している実績あり
  • Facebook登録で身バレ防止機能あり
会員数 年齢層 目的
200万人以上 20代後半〜40代 真面目な出会い〜婚活まで
月額料金
男性:3,400円/月〜 女性:無料

\再婚にも強いマッチングアプリ/

マリッシュは、再婚に力を入れている婚活サイトです。

会員数が80万人もいるので、出会いのチャンスが多く期待できるのもおすすめのポイント。

また、男性側のみの機能ですが、「リボンアイコン」をプロフィールに設定でき、シングルマザーや再婚者を応援・理解しているかどうかを確認する機能もあります。

男性月額3000円から、女性は無料で利用できるので、気になる方は登録してみてくださいね!

まとめ

子連れ再婚をする人が増えており、またマッチングアプリでもシングルマザーの出会いを応援する制度が充実しています。

子どもとの関係、そしてお相手との希望をすり合わせる必要があるので、初婚よりも再婚の方がハードルが高く感じるかもしれませんが、今回ご紹介したポイントをもとに、幸せな再婚を目指しましょう!

マリッシュ
マリッシュ画像
  • 運営会社:株式会社マリッシュ
  • 再婚に強いことが売りのマッチングアプリ
  • 再婚希望者への優遇制度あり
  • 利用者は30〜50代と真剣な出会いを求める層が多い
  • 6割が3ヶ月以内に成婚している実績あり
  • Facebook登録で身バレ防止機能あり
会員数 年齢層 目的
200万人以上 20代後半〜40代 真面目な出会い〜婚活まで
月額料金
男性:3,400円/月〜 女性:無料

\再婚にも強いマッチングアプリ/